金魚の消化不良の原因はエサ?消化不良の見分け方と治し方

2023年2月26日

※この記事では広告を表示しております。

金魚の消化不良の原因はエサ?

金魚の消化不良はなぜ起こる?

金魚の消化不良はエサが原因?

金魚が消化不良を起こした時の症状や見分け方は?

金魚の消化不良は塩浴や薬で治る?

金魚の消化不良が治らない?治し方は?

こんな金魚の消化不良に関する疑問についてご紹介いたします。

金魚の消化不良はなぜ起こる?

金魚は飼育難易度も低く、初心者でも手軽に飼うことができます。

しかし、健康管理が不十分であったり、環境の変化が激しい場合、金魚は消化不良を引き起こすことがあります。

金魚が消化不良を起こす原因として、エサや水質の問題が挙げられます。

まず、エサについて考えてみましょう。

金魚は普段から活発に泳ぎ回り、エサを求めているように見えます。

しかし、与え過ぎや不適切なエサを与えることによって、消化不良を起こすことがあります。

金魚は消化器官が弱いため、大量のエサを一度に与えると消化不良を引き起こす事があります。

また、エサの種類によっても影響を受けます。

例えば、人工飼料や生餌に含まれる油分が多すぎる場合、金魚の消化器官に負担がかかり、消化不良を引き起こすことがあります。

さらに、エサに含まれる栄養素バランスが悪い場合、健康に悪影響を与えることがあります。

金魚が消化不良を起こした時の症状や見分け方は?

金魚が消化不良を起こした場合、様々な症状が現れることがあります。

代表的な症状は以下の通りです。

  • 食欲不振
  • 浮き上がりやすく、底に沈んでいることが少なくなる
  • 腹部が膨らんでいる
  • 排泄物の量が減っている
  • 糞の様子がいつもと違う
  • 体調不良

これらの症状は、消化不良以外の病気やストレスなどによっても引き起こされることがあるため、注意が必要です。

食欲不振

金魚は元気な時はよく食べますが、消化不良が原因で食欲不振になる場合があります。

餌を与えても、普段よりも食べない、もしくは全く食べない場合は消化不良の可能性があります。

金魚が浮いていることが多い

金魚が消化不良を起こすとお腹にガスが溜まることが多く、金魚が浮きやすくなってしまいます。

そのため、普段より水面近くに浮いていることが多い場合には消化不良を起こしている可能性もあります。

お腹が膨らむ

消化不良の場合、金魚の腹部が膨らむことがあります。

この膨らみは、消化器官に食べ物が詰まってしまったことが原因です。

腹部の膨張がひどくなると、金魚が浮き上がったり、腹水をためることがあります。

糞が出ない

金魚が消化不良を起こすと、糞が出なくなることがあります。

これは、消化器官に詰まった食べ物が排泄されなくなってしまったためです。

糞が出なくなると、金魚のお腹が張ってしまい、腹部が膨らむことがあります。

糞の様子がいつもと違う

消化不良の症状として、透明なゼリー状のフン、白いフン、ガスが混ざっているフン、3cm以上の長いフン、色が薄いフンが出ることもあります。

ふやけたエサが水面に浮かんでいる

金魚が消化不良を起こすと、消化不良になってしまったエサが水面に浮かんでしまうことがあります。

これは、金魚がエサを食べたものの、十分に消化しきれずに、エサが腸内で発酵した結果、気泡が発生して浮き上がってしまうためです。

さらに症状が悪化してしまうとお腹にガスが溜まり、金魚が逆さまになってしまうこともあります。

そのような症状を金魚の転覆病と呼びます。

金魚の消化不良は塩浴や薬で治る?

金魚が消化不良を起こした場合、塩浴や薬浴を行うことで回復する可能性があります。

まずは、金魚の消化器官を休めるために、一定期間の絶食を行います。

また、水温を少し上げることで、金魚の代謝を促し、消化を助けることができます。

そして、塩浴を行うことで金魚の消化不良を改善することができます。

軽い消化不良であれば塩浴と上記に挙げた改善で回復が見込めます。

逆に回復が見込めない場合のは他の病気を発症している可能性もありますので、そのような時には治療薬を使った薬浴を行うようにしましょう。

金魚が消化不良になった場合、症状の進行を防ぐために早期の対処が必要です。

金魚の消化不良が治らない?治し方は?

消化不良の改善策としては、一定期間の絶食、水温の上昇、餌の見直しなどが挙げられます。

まずは、金魚に食欲がなくなったら、3~5日間程度は絶食を行うことが推奨されます。

金魚が餌を食べることで消化不良がさらに悪化することもあります。

ただし、長期にわたる絶食は体力を消耗させるため、注意が必要です。

また、水温の上昇も効果的な方法の一つです。

消化不良は低温の水で起こりやすいため、水温を1度程度上げることで消化を促進することができます。

ただし、急激な水温変化は金魚に負担をかけるため、ゆっくりと上げ下げすることが大切です。

さらに、エサの与え方や内容を見直すことも大切です。

与える餌が多すぎる場合は、エサを減らすことが必要です。

また、餌の種類や質にも注意が必要です。

金魚が消化しやすい種類の餌を与えることが重要です。

赤虫などの生き餌は食いつきは良いですが、与えすぎると消化に悪いため、人工フードなどがおすすめです。

また、消化不良が懸念される時には粒の小さいものや稚魚用の餌などを与えて様子を見るのもおすすめです。

金魚の消化不良は、餌や水槽環境の問題が原因で発生することが多く、これらの要因を改善することで予防することができます。

金魚の消化不良まとめ

  • 金魚の消化不良は過剰な餌の与えすぎや、適切でない餌の種類、水質の悪化、水温の急激な変化など、さまざまな要因によって引き起こされる。
  • 金魚が消化不良を起こした場合、食欲不振、浮き上がり、腹部の膨張、鰓の色が悪くなる、泳ぐ姿勢が悪くなるなどの症状が現れる。
  • 金魚の消化不良の治し方としては、一定期間の絶食、水温の上昇、餌の見直し、塩浴などがある。
  • 金魚の消化不良が治らない場合には、病気の可能性があるため、病気の特定と治療薬による薬浴がおすすめ。

今回は金魚の消化不良に関する疑問についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-金魚の病気