ポンプなしでの金魚の飼い方とは?エアーポンプの代わりになるものとは?

※この記事では広告を表示しています。

酸素ポンプと金魚

ポンプなしのメリットとデメリットは?

金魚にエアーポンプ(ブクブク)はいらない?

金魚はブクブクなしでも大丈夫?ブクブクなしの飼い方とは?

金魚のエアーポンプの代わりになるものは?

金魚は屋外ならエアーなしでも元気に育つ?

こんな金魚をエアーポンプなしで飼う方法についてご紹介いたします。

金魚の飼い方でポンプなしのメリットとデメリットは?

金魚の飼育において酸素ポンプは欠かせないアイテムとされていますが、一方で酸素ポンプを使用せずに飼育する方法もあります。

金魚を酸素ポンプなしで育てるにはどうしたら良いのか?

その答えを出すために、まずは金魚を酸素ポンプ無しで育てる時のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

酸素ポンプなしの金魚飼育のメリット

酸素ポンプを使用しない金魚飼育のメリットとしては

  • 酸素ポンプを用意する手間が省ける
  • 電気代などの費用が抑えられる
  • シンプルな飼育方法で金魚を飼える
  • 酸素ポンプの作動音やブクブク音がなくなる

などが挙げられます。

酸素ポンプを用意する手間が省ける

酸素ポンプを使用しない場合、設置する必要がなくなるため、酸素ポンプを用意する手間が省けます。

電気代などの費用が抑えられる

酸素ポンプは必要に応じて電気代が発生しますが、使用しない場合はその分費用が抑えられます。

また、酸素ポンプ自体を購入しなくても良いため、初期費用も抑えられます。

シンプルな飼育方法で金魚を飼える

酸素ポンプを使用しない場合、水槽内の設備が少なくなるため、シンプルな飼育方法が可能となります。

また電源の無い場所でも金魚を飼う事が出来るため、金魚飼育の幅が広がります。

初心者にとっても扱いやすく、手軽に金魚の飼育を楽しむことができます。

酸素ポンプの作動音やブクブク音がなくなる

寝室などに水槽を置いている場合には酸素ポンプの動作音などが気になってしまうこともあります。

そんな時にはポンプなしの方が静かな環境を維持する事ができます。

ただ、エアーポンプの動作音が気になる場合は静かな動作音のポンプを選ぶという選択肢もあります。

酸素ポンプなしの金魚飼育のデメリット

一方で酸素ポンプを使用しない金魚飼育にはデメリットも存在します。

以下にその主なものを挙げます。

酸素不足による金魚のストレス

酸素ポンプを使用しない場合、水中の酸素が不足する可能性があります。

このため、金魚が酸欠を起こし、口をパクパクさせることがあります。

酸素不足によるストレスは、金魚の健康に悪影響を与える可能性があるため、定期的な水換えや、他の酸素供給方法を検討する必要があります。

飼育環境の制限ができてしまう

酸素ポンプを使用しない場合、金魚の数や水槽の大きさ、飼育環境などに制限が生じることがあります。

特に水槽内の生体数が多い場合、酸素不足による問題がより顕著になるため、飼育環境には注意が必要です。

水質管理の難しさが生じる

酸素不足が生じると水質の劣化が進みやすくなります。

特に金魚が排出する糞などの有害物質が蓄積しやすくなり、水槽内の水質が悪化する場合があります。

そのため、定期的な水換えや水質管理に注意が必要です。

金魚のエアーポンプのメリットとデメリットを考えると結論としてエアーポンプはいらないのか?

それともエアーポンプはあったほうがいいのか?

金魚にエアーポンプ(ブクブク)はいらない?

金魚はブクブクなしでも大丈夫?

金魚にエアーポンプを必要とするかは飼育者の飼育スタイルや飼育環境で決める事ができます。

ご自身の飼育スタイルや飼育環境がどのようなものなのか、先にご紹介しましたメリットとデメリットを考えながらポンプの必要性を検討してみてください。

また、エアーポンプは設置したくない(もしくは設置できない)けれど金魚にしっかりと酸素は供給したい。

そのような時には金魚の酸素ポンプの代用となるものを用意するとよいでしょう。

金魚のエアーポンプの代わりになるものは?

金魚のブクブクなしの飼い方とは?

金魚の酸素ポンプの代用は何ですれば良いのか?

ブクブクなしで金魚を上手に飼うにはどうしたら良いのか?

金魚を飼育する上で、エアーポンプ(ブクブク)は酸素の供給に欠かせない重要なアイテムの一つです。

しかし、エアーポンプを用意することができない場合や、エアーポンプを使用したくない場合もあると思います。

そんな時にはエアーポンプの役割を果たしてくれるものを水槽内に用意する事でエアーポンプを使わなくても金魚を健康的に育てる事が出来ます。

そこで、今回は金魚の酸素ポンプの代用となるものをいくつかご紹介いたします。

金魚のポンプなしでも水草が酸素を供給する

水草や浮き草などの植物は光合成によって酸素を生成します。

そのため、水槽内に植物を配置することで酸素の供給が可能となります。

よってうまく水草や浮き草などの植物を利用することで金魚のポンプなしでも十分に金魚を飼育する環境を維持することは可能です。

ただし、水草などの植物が光合成を行えるような環境を維持することが必要となってきます。

屋外であれば日光がしっかり当たる場所で飼育したり、室内であれば水草育成用の照明を設置するなどの方法があります。

水流を起こして酸素を取り込む

水流がある濾過フィルターを利用することで、水中に酸素が供給されます。

フィルターから排出される水流によって、水面に空気を取り込むことができます。

また、水流によって水中の有害な物質を取り除くことができるため、水質維持にも役立ちます。

水換えによって新しい酸素を取り込む

水換えでも水中の酸素を補うことができます。

水換えによって新鮮な水を供給することができるため、酸素の供給が増えます。

また、水換えによって水中の有害な物質を排出することができるため、水質維持にも効果があります。

大掛かりな水換えではなく、こまめに簡易的な水換えを行う事で有機物を排出し、安定して酸素を取り込む事ができます。

プロホースなどを使って底床付近のゴミを排出するような水換え方法が効果的です。

酸素を出す商品を利用する

金魚鉢などの小さな容器での飼育では、酸素を出す石やおさかなぶくぶくブロックなどの商品もおすすめです。

これらの商品を入れることで、酸素を補うことができます。

商品によっては酸素の放出量が少ないものもありますので、金魚の数や水槽のサイズに合わせて適切な商品を選ぶ必要があります。

金魚は屋外ならエアーなしでも元気に育つ?

屋外の睡蓮鉢やビオトープではエアーポンプなどを設置しなくても金魚が元気にしている姿をよく見かけます。

逆に室内で金魚を飼育するスタイルではエアーポンプの設置が必要となります。

この室内飼育と屋外飼育の違いはなんなのでしょうか?

屋外で金魚を飼育する場合、金魚が酸素を取り込むために必要なものが豊富に存在するため、エアーなしでも元気に育つことができます。

そんな屋外飼育でエアーポンプなしでも金魚が育てられる理由についてみていきましょう。

風による酸素供給

屋外で金魚を飼育する場合、風によって水面が揺れることで、酸素が水中に溶け込むため、金魚にとって必要な酸素を供給することができます。

雨による酸素供給

屋外で金魚を飼育する場合、雨によって水面が揺れることで、酸素が水中に溶け込むため、金魚にとって必要な酸素を供給することができます。

しかし、雨水が強すぎる場合は、金魚がストレスを受けることがあるため注意が必要です。

金魚の水草がブクブクの代わりになる

屋外で金魚を飼育する場合、水中に水草などの植物を入れることで、光合成が盛んになり酸素を供給することができます。

特に、ホテイアオイなどの水面に浮かぶ水草や浮き草は、水中に酸素を供給するために非常に有効です。

金魚の飼育水に太陽光が当たることで、水草が生育し、光合成によって酸素が発生するため、水槽に水草を植えることで酸素供給が期待できます。

このように屋外での金魚飼育では、自然のサイクルによって酸素供給が行われるため、エアレーションや頻繁な水換えが必要なくなるのです。

水草がブクブクの代わりに酸素を供給してくれる姿が本来に姿であり、逆を言えば、エアーポンプが水草の代わりをしているとも言えます。

金魚の飼い方ポンプなしまとめ

  • エアーポンプなしのメリットは酸素ポンプを用意する手間が省ける、費用が抑えられる、シンプルな飼育方法が可能。
  • エアーポンプなしのデメリットは酸素不足による金魚のストレスが発生する可能性がある。
  • 飼育環境に制限が生じることがあり水質管理が難しくなることもある。
  • 金魚のエアーポンプの代わりには、植物を利用した酸素供給方法や濾過フィルターの水流を利用する方法がある。
  • 酸素不足を防ぐためには、適切な水質管理が重要であり、水換えの頻度を増やすことで酸素を補うことができる。
  • エアーポンプの代替手段を選ぶ際には、金魚の数や飼育環境、予算などを考慮し、最適な方法を選ぶことが大切である。
  • 屋外の金魚については、雨や風によるガス交換によって酸素が供給されるため、エアーポンプは必要ない。

今回は金魚をエアーポンプなしで飼う方法についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

金魚が動かない 1

金魚が横たわる・横向きに沈んで動かない原因は? 金魚が下にいるのはなぜ? 横向きになって泳いでいるのはなぜ? 金魚が傾いたり斜めに泳ぐのはなぜ? 横たわる金魚を回復させる方法は? こんな金魚が横たわる ...

色落ちした金魚 2

金魚が白くなるのはなぜ? 金魚の色落ち・色抜けはなぜ起こる? 金魚の色落ちの原因と色揚げの方法を知りたい。 金魚の色が変わるのはなぜ? こんな金魚が白くなる色抜けや色落ちの原因と色揚げの方法についてご ...

金魚が暴れる 3

金魚が急に暴れるのはなぜ? 金魚が暴れるように泳ぐのは病気? 金魚が水換え後に暴れる理由は? 金魚が暴れないようにするには? 金魚は死ぬ前に暴れるように泳ぐ? こんな金魚が水槽内で暴れるように泳ぐ原因 ...

酸素ポンプと金魚 4

ポンプなしのメリットとデメリットは? 金魚にエアーポンプ(ブクブク)はいらない? 金魚はブクブクなしでも大丈夫?ブクブクなしの飼い方とは? 金魚のエアーポンプの代わりになるものは? 金魚は屋外ならエア ...

金魚の妊娠 5

金魚の産卵時期になり、なんだかいつもと様子が違う。 もしかしたら産卵の兆候? そんな金魚の産卵の兆候から妊娠の見分け方などをご紹介いたします。 金魚のお腹が膨らんでいるのは卵を抱えているのか? それと ...

金魚のパクパクが早い・激しいのはなぜ? 6

金魚のパクパクが早いのは大丈夫?激しいのはなぜ? 金魚が1匹だけ水面でパクパクしてるのは? 金魚が底の方でパクパクしているのは? こんな金魚のパクパクに関する疑問についてご紹介いたします。 金魚のパク ...

金魚の体に赤い斑や充血がみられる赤斑病はうつる? 7

金魚の体に赤い斑点や充血が見られるのは病気? 金魚の赤斑病とはどんな病気? 金魚の赤斑病は他の金魚にうつる? 赤斑病は塩水浴や薬浴で治療できる? こんな金魚の体が赤くなる赤斑病についてご紹介いたします ...

金魚のお腹がパンパンに膨らんでも元気なら大丈夫? 8

金魚のお腹が膨らむ理由とは? 金魚のお腹がパンパンに膨らんでも元気なら大丈夫? 金魚がお腹パンパンで死亡してしまうことはある? 金魚のお腹がパンパンでひっくり返る理由は? 金魚のお腹が片側だけ膨れる原 ...

金魚の尾ぐされ病 9

金魚のヒレがボロボロになる? 金魚の尾びれが切れる・溶ける理由は? 尾ぐされ病の原因と初期症状は? 尾ぐされ病は重症化すると治らない? 尾ぐされ病にメチレンブルーや塩浴は効果的? こんな金魚のひれがボ ...

病気に罹った金魚 10

金魚が白いのは病気? 金魚に白いもやもやした膜のようなものが見られる。 金魚の鰭が白いのはなぜ? 金魚の体が白くなるのはなぜ? 金魚が白くなる病気にはどのような病気があるのか? こんな金魚が白くなる病 ...

-金魚の飼い方・飼育の始め方
-