金魚の病気

金魚の尾ぐされ病は治る?治らない?尾ひれの自然治癒と再生

2019年10月21日

金魚の尾ぐされ病は治る?治らない?尾ひれの自然治癒と再生

金魚の尾ぐされ病

金魚の尾ひれが溶けてなくなってしまう病気に尾ぐされ病があります。

あまりにも痛々しい病気ですが、尾ぐされ病によって白く溶けてしまった尾ひれは病気の治癒とともに再生するのでしょうか。

尾ぐされ病の治癒と再生、治療期間についてご紹介いたします。

 

尾ぐされ病の治癒

尾ぐされ病はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染が原因で起こる病気で、薬浴による治療により治すことが可能です。

しかし、なにを持って完治と判断するかは人それぞれかもしれません。

カラムナリス菌の感染を食い止め、症状の悪化が見られなくなった状態を完治と呼ぶのか、それともボロボロになってしまった尾ひれが綺麗な姿に再生するまでを完治と呼ぶのか。

多くの人が望む尾ぐされ病の完治とは後者の「尾ひれの再生」でしょう。

そうなると金魚の尾ひれが復活する力、再生力をもちあわせているのかどうかが気になるところではないでしょうか。

尾ぐされ病で溶けたヒレの再生 自然治癒

尾ぐされ病は薬浴によって治すことはできます。

しかし、尾ひれの再生となると薬の力ではどうにもなりません。

金魚自身の回復力を信じるしかないのです。

病気の治療が終え、しっかり管理された環境であれば金魚のヒレは徐々に再生していきます。

尾ひれの再生期間はその金魚の体力や尾ぐされ病の進み具合などによっても変わってきます。

一例を挙げると尾ぐされ病にて半分以下になってしまった尾ひれが1ヶ月ほどの治療で以前よりも長く伸びて裂けていた部分も綺麗に再生した。

夏の水温上昇による水質悪化が原因でヒレが半分ほど溶けてしまった金魚が水質改善と治療により再生してきた。

このようにしっかりした治療と水質管理を行えば自然と尾ひれは復活していくものなのです。

金魚の生命力の強さを感じさせられる経験でもあります。

尾ぐされ病の治療期間

ここまでの話をまとめると尾ぐされ病の治療期間は1日や2日ではどうにもならないもので、金魚の状態を見ながら1ヶ月くらいかけてゆっくりと行うようにします。

また、長期治療に対して真水飼育で自然治癒を待つよりも天然成分を使用し、金魚が持つ本来の治癒力を向上させることのできる商品なども販売されています。

そのような商品を上手く活用することで尾ぐされ病の再発を予防しながら治癒を促進させる効果も望めるでしょう。

 

金魚の尾ぐされ病
金魚の尾びれがボロボロになるひれの病気 尾ぐされ病

金魚の尾びれがボロボロになるひれの病気 尾ぐされ病 金魚の尾ヒレがボロボロになる。 金魚の尾びれが裂ける。切れる。 尾ぐされ病の原因と初期症状は? 尾ぐされ病は重症化すると治らない? 尾ぐされ病にメチ ...

続きを見る

塩水浴をする金魚
金魚の塩浴メカニズムとやり方 塩の種類と正しい塩の量計算

金魚の塩浴メカニズムとやり方 塩の種類と正しい塩の量計算 何故金魚には塩水浴(塩浴)がいいのか? 金魚の塩水浴(塩浴)のメカニズムから考える正しい塩水浴のやり方・塩の種類、正しい塩の量の計算方法など金 ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-金魚の病気
-

© 2021 金魚の飼い方.com