金魚に最適なpHとは?ペーハーショックは何故起こる?

金魚に最適なpHとは?ペーハーショックは何故起こる?

金魚のphショック

金魚に最適なphはどのくらい?

金魚のphショックとは?何故起こる?

phショックの症状は?

phの測定方法を知りたい。

phが高いときに下げる方法は?

phが低いときに上げる方法は?

こんな金魚とphの関係についてご紹介いたします。

 

金魚飼育に最適なph(ペーハー)

金魚に最適なpHは中性~弱アルカリ性と言われており、数値は7.0~8.0とされています。

日本の水道水のphは6~8.5くらいで可能な限り中性付近が望ましいとされているのでほぼ金魚の好む水質になっています。

そのためカルキ抜きと温度調整さえしっかり行えば水道水をそのまま金魚飼育に使えます。

水換えにより中性付近を維持した水は金魚を飼育していると徐々に弱酸性に傾いていきます。

しかし、飼育水が弱酸性だからといって慌てて水質を変化させる必要はありません。

金魚は水質に対する環境適応能力が高いため緩やかに変化する水質であれば、ある程度広い範囲の水質まで適応できます。

金魚にとって1番良くないのが急激な水質の変化(pHの変化)です。

急激なpHの変化はpHショックを起こす危険性があります。

金魚のphショックとは?症状は?

金魚のpHショックとは水質が急激に変わってしまったことで金魚がショックを起こしてしまうことをいいます。

金魚を購入し、新しい水槽に入れた時や大量の水換えをした時などにphショックを起こしやすいと言われています。

pHショックの症状としては以下のような症状が現れます。

・水槽内を激しく暴れるように泳ぎまわる。

・水槽の底に沈んで動かなくなる。

・フラフラと泳ぎが弱々しい。

・エラが激しく動き呼吸が荒くなる。

 

このように明らかに金魚の様子がおかしくなります。

phショックは一度その症状が出てしまうと治療する方法はありません。

金魚の体力を信じて復活を待つしかないのです。

そのためいかにphショックを起こさせないようにするかが大切です。

金魚にphショックを起こさせないようにするためにphの測定をしっかり行い、水質を管理できるようにしておきましょう。

phの測定方法を知りたい

水のpHは金魚が暮らしている以上少しずつ変化しますので現状のpHを把握しておく必要があります。

特に汚れた水は弱酸性に傾く傾向が強くなっています。

pHの測定方法として3つの方法があります。

・pH測定試験紙

①試験紙を飼育水に浸し引き上げます。(浸す時間は各製品の使用方法を参照)

②軽く振って余計な水分を落とし、pH値を示す色見本と照らし合わせます。

簡単にチェックすることができるので、日頃の簡易チェックとして便利な方法です。

・pH測定試験薬

①試験管に飼育水を入れます。(分量は各製品の使用方法を参照)

②試薬を試験管に数滴入れます。(使用法にて指定の投入量)

③試験管を軽く振って、pH値を示す色見本と照らし合わせます。

こちらも数値ではなく色による判断ですので、おおよそのチェックとして便利です。 

・pH測定器

pH測定器にはコンパクトタイプやハンディタイプなどさまざまな製品があります。

校正方法など使用方法の詳細は各取扱説明書をご参照ください。

①pH校正(測定基準の設定)をします。測定器の校正マニュアルに従い、基準となる濃度の溶液を準備します。

②その基準液をpH測定器で計測して、測定器の基準値として登録します。

③校正が完了したら、計測したい飼育水に電極を浸して数値を確認してください。

測定器を使用すれば数値として飼育水のpH状態が確認できますので、しっかりとチェックしたい時に役立つ測定方法です。

pH測定の基本的なやり方は共通ですが、測定に使う各商品または測定器の使用マニュアルにしたがって水質チェックをおこないましょう。

phが高いときに下げる方法

pH値が高いときに下げる方法をご紹介します。

・ソイルを使用する

ソイルとは、土を焼き固めた水槽の低床材です。

ソイルを使用することによりpH値を下げ、水質を弱酸性に傾けることができます。

使用するソイルの量によってもpHは変わるので、随時チェックしながら水質調整をおこないましょう。

・pH下降剤を使用する

水換えの際の新水にpH下降剤を投入して、pHコントロールをする方法です。

水槽の飼育水のpHを直接下げるというのではなく、水換えによる水質維持の一環として、pHを上げないように管理します。

・ピートモスを使用する

ピートモスとは植物が堆積して作られた泥炭を乾燥させて砕いたものです。

pH4.0ほどの酸性なので、水槽に投入することでpHを下げることができます。水を通すネットや不織布に入れて、フィルターにセットして使います。

・パワーハウスのソフトタイプを使用する

パワーハウスのソフトタイプを使用します。使用方法は簡単で、ろ過フィルター(ろ過槽)に入れるだけでpHを下げることができます。

phが低いときに上げる方法

pH値が低いときに上げる方法をご紹介します。

・牡蠣殻を使用する

ろ過フィルター(ろ過槽)に入れて使用します。pHが低い場合、牡蠣殻を水槽に入れると水質が弱アルカリ性に傾きます。

貝のミネラルが溶け出してpHを中性、もしくは弱アルカリ性に保つ作用が得られます。

・砂や砂利を使用する

低床に砂や砂利を使用する、またはサンゴ砂をろ過槽に入れるなどして、pHをアルカリ性に傾ける方法です。

・pH上昇剤を使用する

水換えの際の新水に投入して、pHをコントロールする方法です。

水槽の水に直接投入するのではなく、水換えによる水質維持の一環としてpHを調整したいときに使用します。

・パワーハウスのハードタイプを使用する

パワーハウスのハードタイプを使用します。ろ過フィルター(ろ過槽)に入れるだけでpHを上げることができます。

金魚とphの関係まとめ

・金魚飼育に最適な pH値は7.0~8.0の中性~弱アルカリ性

・金魚の水質適応範囲は広いので弱酸性でも問題ない

・pHの急激な変化は金魚がpHショックを起こす原因になる

・新規投入時と水換え時に注意する

・測定方法を知って飼育水のpHを管理することが大切

・pHはさまざまな方法で調整できる

 

今回は金魚とphショックの関係についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索  知りたい情報を検索!

-金魚の世話と水質維持

© 2021 金魚の飼い方.com