金魚水槽に水草はいる?フェイク品でも大丈夫?水草を入れる効果と役割

※この記事では広告を表示しています。

金魚水槽に水草はいる?フェイク品でも大丈夫?

金魚水槽に水草はいる?

金魚水槽に水草を入れる効果や役割は?

金魚の水草は偽物のフェイク品でもいい?

こんな金魚水槽に水草を入れる効果や必要性についてご紹介いたします。

金魚水槽に水草はいる?水草の必要性

金魚の水槽に水草は必要か?と聞かれたら必ず必要と言うことではありません。

金魚飼育は水草がなくても可能です。

よって金魚に水草を入れるかどうかは飼育者の飼育スタイルや好みによるものともいえます。

金魚を出来るだけ自然に近い状態で育てたいと考えるなら、水槽に水草を入れたり、屋外でビオトープなどを作る方法がおすすめです。

逆にあまり水草などの植物には興味はなく、金魚だけを育てたい人はあえて水草を入れる必要はありません。

もし、水草をいれるべきかどうか迷っているのでしたら、金魚水槽に水草を入れるメリットとデメリットを比べてみることをおすすめします。

金魚水槽に水草を入れる効果や役割は?

まずは金魚水槽に水草を入れる効果や水草の役割について考えてみましょう。

金魚水槽に水草を入れる効果や役割は

  • 水質の浄化
  • 酸素の供給
  • 金魚の隠れ家としてのストレス緩和
  • 鑑賞効果アップ

などが挙げられます。

水草による水質浄化効果

水草は水中の窒素やリンなどの栄養塩を吸収して成長するため、水中の栄養塩濃度を下げる効果が期待できます。

水草の吸収により有機物の分解過程で生成される窒素やリンが減ることにより水槽内の富栄養化を抑えられるようになります。

その結果、水質の悪化やコケの発生をある程度抑える事ができます。

また、水草の葉や茎の表面に付着した微生物が、有機物を分解して無害な物質に変える働きをするため、水草を入れておくことで結果的に濾過バクテリアの繁殖を助ける役割も果たします。

水草の光合成による酸素供給効果

水草は光合成によって酸素を放出するため、水中に酸素を供給することができます。

これにより、酸素不足による水中生物の窒息や腐敗した有機物の発酵による有害ガスの発生を防ぐことができます。

金魚の隠れ家としての効果

金魚は天敵から逃げるために水草の中に隠れたり、その周りを泳いだりすることがあります。

よって水草は金魚にとってごく自然な避難場所となります。

また、水草は水槽内における金魚のストレス軽減にも役立ちます。

金魚は水草の間を泳ぐことで自然な環境に近い状態で泳ぐことができます。

観賞効果アップ

水草には美しい色や形があり、金魚水槽の景観を美しくする効果があります。

金魚は美しい色彩を持つ魚種が多く、水草とのコントラストが美しい景色を楽しむことができます。

以上のように水草は金魚水槽において様々な役割を持っています。

水草を入れることで金魚の健康維持やストレス軽減、観賞効果の向上などが期待できます。

ただし、水草を入れる場合は水草の種類や配置の仕方にも注意が必要です。

水草の種類によっては金魚に食べられてしまう種類もあります。

金魚は草食性の魚ですので、一部の水草を食べてしまう場合があります。

そのため、金魚水槽に水草を入れる場合は金魚に食べられない種類を選ぶか、食べられる種類でも十分な量を用意する必要があります。

また、水草を配置する場所にも注意が必要です。

水草は光合成に必要な光を必要としているため、水槽の明るい場所に配置することが望ましいです。

さらに、水草をレイアウトする際には金魚の遊泳スペースにも配慮する必要があります。

水草が金魚の邪魔をするようなレイアウトをしてしまうとストレスを感じる金魚が増える可能性があります。

金魚の水草は偽物のフェイク品でもいい?

金魚水槽には本物の水草を入れることが望ましいとされていますが、偽物のフェイク品でも利用することができます。

フェイク品は枯れる心配がないため、手軽に利用できるというメリットがあります。

また、フェイク品には本物の水草にはないデザイン性や耐久性があるため、観賞効果を高めることができます。

ただ、フェイク品にはデメリットもあります。

フェイク品には水質浄化能力や酸素供給能力はないため、水質浄化には貢献できません。

また当然のことですが、人工の水草は成長しないため、水草を育てる楽しみもありません。

このように本物の水草と偽物(人工)の水草にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

ご自身の飼育スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

金魚水槽に水草を入れる効果と必要性まとめ

  • 水草は金魚水槽に必須ではないが、水質の浄化、酸素供給、金魚の隠れ家としてのストレス軽減、観賞効果の向上など様々な役割がある。
  • 水草を選ぶ際には金魚が食べてしまう種類に注意する必要がある。
  • 水草を配置する場所にも配慮する必要があり、金魚の遊泳スペースを確保することが望ましい。
  • 偽物の水草(フェイク品)を利用することもできるが、水質浄化能力がないことに注意が必要。
  • 水草は飼育スタイルや好みに合わせて選ぶことが重要である。

今回は金魚水槽に水草入れる効果と必要性についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

PR

-金魚の世話と水質維持
-