金魚の食べ過ぎはお腹の膨らみで判断?食べ過ぎで起こる問題とは?

2023年7月24日

※この記事では広告を表示しております。

金魚の食べ過ぎはお腹の膨らみで判断?

金魚がずっと餌を食べる時はあげてもいい?

金魚が餌を食べ過ぎると起こる問題とは?

金魚の食べ過ぎはお腹の膨らみで判断する?

金魚の食べ過ぎを防ぐ方法とは?

こんな金魚の食べ過ぎに関する疑問についてご紹介いたします。

金魚がずっと餌を食べる時はあげてもいい?

金魚は雑食性で、どんな餌でも食べてしまうほど食欲旺盛な魚です。

また、食べる姿が可愛らしく、ついついたくさん餌を与えてしまう飼い主も多いはずです。

しかし、金魚がよく食べるからと言って、食べるだけ餌を与えてはいけません。

餌を与えすぎると、金魚が肥満や消化不良などの健康問題を引き起こす可能性が高まってしまいます。

金魚に餌を与える際は、1日に1回、金魚の体長の1/3程度の量を与えるようにしましょう。

また、餌は食べきれる量だけ与えるようにしてください。

餌が残っていると水質が悪化する原因になります。

金魚が餌を食べ過ぎると起こる問題とは?

金魚は雑食性で、さまざまなものを食べることができる魚です。

しかし、餌を過剰に与えると金魚の健康を害するだけでなく、水槽内の環境にも悪影響を及ぼします。

金魚が餌を食べ過ぎることで引き起こされる主な問題点としては

  • 水質の悪化
  • 金魚の肥満
  • 餌の消化不良
  • 金魚の病気のリスクが高まる

などが挙げられます。

餌の食べ過ぎで起こる水質の悪化

金魚が餌を食べ過ぎると、その結果として排泄物の量も当然増加します。

水槽内で餌や排泄物が微生物の分解によって腐敗すると水質悪化の原因となってしまいます。

水質が悪くなると、金魚の免疫力が低下し病気に罹りやすくなり、最悪の場合には死んでしまうこともあります。

よって餌の量をコントロールしながら、水換えも定期的に行い水質を維持する事が大切です。

金魚の肥満

過剰な餌の摂取は、金魚の肥満の原因にもつながります。

肥満は泳ぎにくくなる、体の各部の機能が低下するなど、金魚の健康に悪影響を及ぼします。

また、明らかな症状が出るほどの重症化した肥満でなくても、餌を食べ過ぎることで成長が早まり短期間で大きく成長します。

大きく成長することは一見良い事のように思えるかもしれませんが、短期間で急激な成長をしてしまうと短命に終わってしまうことも多いため、金魚の成長に合わせた餌やりが大切になってきます。

餌の消化不良

餌の食べ過ぎは、金魚のお腹の中で消化不良を引き起こす可能性が高まります。

また、消化不良から色々な病気へと発展してしまうこともあるため軽視できない問題でもあります。

金魚の病気のリスクが高まる

餌を食べ過ぎることは、転覆病や腹水症、肝臓病、腎臓病、心臓病などの病気のリスクを高めます。

これらの病気は、適切な治療が行われない場合、金魚の命を脅かすこととなります。

このように金魚の餌の食べ過ぎには多くの問題を引き起こす可能性があります。

よって金魚の健康を守るためにも餌やりの際には適切な量を心がけることが大切です。

金魚の食べ過ぎはお腹の膨らみで判断する?

金魚が餌を食べ過ぎると、金魚のお腹は見た目にも膨らんできます。

適度な膨らみなら良いのですが、パンパンに膨れた過度な膨らみは明確な食べ過ぎのサインといえます。

特に、お腹の部分が非常に丸く膨れ、泳ぎが不安定になったり、動きが鈍くなったりする場合には明らかに餌の食べ過ぎです。

また、食べ過ぎによる症状として、糞の色や質が変わることもあります。

通常よりも軟らかい、またはいつもと色が違うような糞が確認される場合には食べ過ぎや消化不良の可能性が考えられます。

金魚の食べ過ぎは、金魚の健康を損なうだけでなく、水質の悪化や病気の原因ともなるため注意が必要です。

飼い主としては、金魚の健康を考慮し、食事の量や頻度を調整することが重要です。

金魚の食べ過ぎを防ぐ方法とは?

金魚は、非常に食欲旺盛な生き物で、その結果、過度な食事を摂取することが多々あります。

食べ過ぎは金魚の健康に多くの悪影響を及ぼすため、食べ過ぎを避けるための対策が必要となってきます。

餌の量を制限する

金魚が適切な栄養を取得するために必要な量と、食べ過ぎを避けるための量を把握する必要があります。

決めた餌の量を目安に、毎日の餌やりを行うことで、食べ過ぎを防ぐことができます。

餌の種類を工夫する

金魚専用の餌は、金魚の健康に必要な栄養が均等に配合されています。

このような餌を選ぶことで、金魚が必要とする栄養を確実に摂取しつつ、食べ過ぎを防ぐことができます。

逆に家にあるものなどを与えてしまうと質より量となってしまうため栄養バランスが取れなくなってしまいます。

餌を与える頻度を減らす

金魚には1日1回の給餌が推奨されています。

頻繁に餌を与えると、食べ過ぎの原因となりますので、この頻度を守ることが重要です。

水槽のサイズを大きくする

小さい水槽では、金魚がストレスを感じることがあります。

このストレスが食欲を増進させ、結果的に食べ過ぎを引き起こすことがあります。

また小さな水槽は水量が少ないため、金魚が密集しやすく、金魚の力の差で食べすぎる金魚とあまり食べられない金魚にばらつきができやすくなってしまいます。

よってそのような食べ方のばらつきが見られる時には、別水槽で飼育するか大きめの水槽に切り替えるようにしましょう。

そうすることで全ての金魚が均等に餌を食べられるため、決まった金魚だけが食べすぎるような問題も起こりにくくなります。

したがって、金魚が自由に泳ぐことができる十分な大きさの水槽を用意することで、食べ過ぎを避けることができます。

以上の方法を取り入れることで、金魚の健康を保つと同時に、食べ過ぎを効果的に防ぐことができます。

金魚の餌の食べ過ぎまとめ

  • 金魚がずっと餌を食べ続けるからと言って食べるだけ餌を与えることは良くない。
  • お腹の部分が非常に丸く膨れ、泳ぎが不安定になったり、動きが鈍くなったりする場合には明らかに餌の食べ過ぎ。
  • 金魚の食べ過ぎは水質の悪化、金魚の肥満、餌の消化不良、金魚の病気のリスクが高まるなどの問題を起こしやすい。
  • 金魚が餌を食べすぎないように飼育者がしっかりと管理する事が金魚の寿命を伸ばすことにもつながる。

今回は金魚の餌の食べ過ぎに関する疑問についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-金魚の餌と餌やり
-