季節に合わせた金魚の世話~金魚の飼い方.com

季節に合わせた金魚の世話

   

金魚

季節に合わせた金魚の世話

Home>>金魚の世話>>季節に合わせた金魚の世話

金魚金魚を屋内の水槽で飼育し、さらにヒーターで水温管理をしているのであればさほど四季の変化に影響を受ける事はありませんが屋外での管理や屋内でもヒーターを使用していない水槽での飼育などでは外気の変化によって当然水槽の水温も変化していきます。

そこで季節によって変わる環境での金魚飼育に対して気をつけなければいけない点を季節ごとに纏めました。

春の水槽管理

春になり気温が上がり始めると当然水槽の水温も上がり始め、寒い冬の間は水槽の底でじっとしていた金魚も水温の上昇とともに活性があがり活発に泳ぐようになります。じっとしている間はあまりエネルギーを使わないため餌も控えめで大丈夫でしたが活発に泳ぐようになるとその分餌も沢山食べるようになりますので金魚の様子を見ながら徐々に増やしていくようにしましょう。

ただ水温が上昇し、金魚が活発に泳ぐようになると水槽の水も汚れやすくなりますので餌の与え過ぎに注意しながら水質の悪化にも気を配るようにしましょう。そして春も終盤、初夏に近づき水温が20℃を超える頃には金魚飼育の一大イベントでもある産卵シーズンになります。

性成熟したオスとメスがいれば繁殖行動が見られたり、水草の陰などに卵を見つけることもありますので毎日の観察を怠らないようにしましょう。卵を見つけた際は親魚に食べられてしまわないように隔離するようにします。産卵以外にも気温の変化が激しいこの時期は白点病などにかかりやすい時期でもありますので金魚の動きやヒレなどに異常が無いかなども注意して見るようにしましょう。

夏の水槽管理

夏の風物詩と言えば金魚と言うほど金魚のシーズンと言えば夏といったイメージが強いものです。確かに夏祭りの金魚すくいや金魚鉢に入れられた金魚からは涼を感じられ、むし暑い夏を忘れさせてくれるものでもあります。しかしそれらは私達人間視点からの勝手な感覚であり金魚にとって夏は一番過酷な季節でもあります。

特に金魚鉢や小さな水槽など水量の少ない環境で飼育している場合、外気温の上昇に伴って水温も上昇してしまいます。金魚が適応できる範囲以上の高水温は金魚の生命にも危険をもたらしますし、そこまでの高水温にならなくとも水温が上がれば比例するように水槽内の溶存酸素量も低下し酸欠状態を引き起こしてしまいます。

そのような事態にならないように水温のこまめな確認としっかりとしたエアレーションを行うようにしましょう。特に春先に生まれた稚魚などがいる場合には成長して体力のある親魚とは違いちょっとした酸欠状態でも致命傷になる事もありますので注意が必要です。

金魚水槽の高水温を気にすると考えられる方法がエアコンの効いた室内での飼育となりますがここにも思わぬ落とし穴がありますので注意してください。エアコンで一日中一定の温度になっている室内でしたら問題無いのですが大抵の家庭では人が居る時のみエアコンをつけ、外出時などはエアコンを切ってしまうものです。

日中の暑い時間帯に外出し夕方帰ってきてからエアコンを入れた場合、日中は外気の影響で徐々に水温があがり、帰宅と同時に一気に冷やす事になり、当然室内の温度に影響を受ける水槽では水温の変化も大きくなります。短時間での急激な水温変化は金魚にとって大きな負担になりますので金魚水槽を置く場所はあまり高水温にならず温度変化の少ない場所を選ぶようにしましょう。

真夏や真冬など一日の温度差が激しい時期などでは外出中や夜間など人が部屋にいない時間帯には思いもよらない温度になっていることもあります。

そんな温度変化も通常の水温計では把握することができませんがデジタル水温計の中には最高水温と最低水温を記録するものもありますのでそのようなデジタル水温計を利用することで一日の水温の変化を把握することもできます。

デジタル水温計をうまく活用して金魚のストレスを緩和する管理を行えるといいでしょう。

デジタル水温計をamazonで購入
デジタル水温計を楽天で購入


秋の水槽管理

秋と言っても最近では9月、10月になっても気温が高く夏日が続く事がありますがそのような時は当然夏場の水槽管理と同じように高水温と酸欠に注意しなければなりません。冬に近づき気温が徐々に下がってくると水温も下がりはじめ金魚の活性も低くなってきます。

この時期は朝晩の冷え込みなどで1日の気温差が激しくなり水温の変化も大きくなりますので金魚も体調を崩しやすくなります。急に冷え込んだ日などは特に注意して観察するようにしてください。

冬の水槽管理

冬になると金魚の活性もかなり落ちてきて水槽の底の方でじっとしている事が多くなるはずです。あまり動かない時には無理に餌を与える必要もありませんので暖かい日などに泳ぎだしたら餌を与えるようにしましょう。金魚の活性が低くなると水もあまり汚れなくなりますので水換えのペースも落としても問題ありませんので水槽の底の方に溜まった食べ残しや糞などを吸い出して不足した分の水を足す程度でも大丈夫でしょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 金魚の冬眠・越冬特集
  • 夏の水槽トラブル傾向と対策特集
  • 安心の機能性で確実な水温管理を実現!クーラー&冷却ファン特集




    関連記事

  • 餌の与え方と餌の種類

    屋外の池やスイレン鉢などで飼育している金魚は自然に繁殖した植物性プランクトンや藻などを餌としていますので基本的にはほとんど餌を>>続きを読む

  • 金魚の水槽掃除の仕方

    金魚を飼育していれば金魚の糞や食べ残しなどが水質を悪化させそこに設置してあるろ過フィルターや砂利なども汚れが堆積していきその水>>続きを読む

  • 金魚の正しい冬眠方法

    室内の水槽や金魚鉢で金魚の飼育をしているとあまり意識することは少ないかもしれませんが屋外の池や睡蓮鉢などで金魚を飼育している場合>>続きを読む

  • 屋外飼育での春先の病気予防

    室内の水槽などで金魚を飼育している場合にはさほど気にかけることではありませんが屋外の池やスイレン鉢などで金魚を飼育している場合に>>続きを読む

  • 金魚の繁殖

    水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む

  • 金魚の稚魚の育て方

    金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む

  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法

    金魚のみならずメダカや熱帯魚など多くの小型魚の稚魚の餌として今や定番となっているブラインシュリンプですがブラインシュリンプは>>続きを読む

  • 金魚と水草

    金魚鉢や水槽に金魚が泳ぐ姿は私達に癒しと安らぎを与えてくれるものですが、さらにその空間に緑鮮やかな水草が加わる事で自然観が増し>>続きを読む

    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む