金魚の世話と水質維持

金魚水槽 夏場の水温管理と水温を下げる方法・正しいやり方

2019年10月22日

金魚水槽 夏場の水温管理と水槽の水温を下げる方法・正しいやり方

夏の金魚

夏場の水槽管理において一番大切なことは水温管理といっても過言ではありません。

気温の上昇における異常な高水温は金魚の生命さえ左右することもあります。

そんな事態にならないように適切な水温管理と上がってしまった水温を下げる正しい方法をご紹介します。

 

 

夏場の水温管理と水槽の水温を下げる方法・正しいやり方

異常な高水温は金魚にとってよいものではありませが、それ以上に間違った水温管理や水温の下げ方は金魚に多大な負荷をかけてしまうことも覚えておきましょう。

 

また、屋内飼育と屋外飼育におけるそれぞれの環境の違いによる水温管理についても触れておきましょう。

 

やってはいけない高水温対策

日本には四季があり、凍えるような寒い冬もあれば、うだるような暑さの夏もあるものです。

 

そんな過酷な環境の中でも金魚は屋外飼育ができるほど丈夫な生き物なのです。

 

しかし、自然環境ではありえないほどの高水温にさらされてしまうと流石の金魚でさえも生命の危機を感じることもあります。

 

日本の夏は高温多湿で気温が30℃を超えることも珍しくなく、室内に設置してある水槽や金魚鉢などでは水温が30℃を遥かに超えてしまうことさえあります。

 

そのような時に意外と思いつきがちな方法が氷などを使用して一気に水温を下げようとする方法です。

 

確かに私たち人間は暑い時などにかき氷を食べたり、冷たいジュースなどを飲むことによって身体をクールダウンさせることができます。

 

しかし、金魚などの魚類は人と違い周りの環境によって体温が変化してしまう変温動物なのです。

 

そんな金魚の入っている水の中に氷などを入れて一気に水温を下げようとすればおのずと金魚の体温も短時間で急激に変化してしまい、金魚にとって高水温以上に過酷な環境を作り上げてしまうことになりますので絶対にやってはいけません。

 

それでは金魚にとって正しい水温の下げ方とはどのような方法なのでしょうか。

 

金魚水槽の正しい水温の下げ方

水温が高いとどうしても水温を下げることに意識が向きがちになってしまいますが、水温を上げている要因を探し、対策することが結果的に水温を下げることに繋がります。

 

室内飼育の場合はまず水槽や金魚鉢が置いてある環境を再確認しましょう。

 

直射日光が当たっているような場所なら、その直射日光を遮る対策が必要となります。

 

移動できる重さの容器であれば家の中の涼しい場所に移動するのが一番手っ取り早い対策となりますが、どうしても移動できない場合にはカーテンやすだれなどを利用して日光を遮るようにします。

 

また室内の温度上昇を緩和する効果も見込めるシェードなどを窓の外に設置するのも非常に効果的でしょう。

 

さらに窓を開けたり、換気扇の使用など、室内換気を行うことでこもった熱を逃がし、湿度の低下と室温の低下が見込めます。

 

室内の高温対策がしっかり出来たら次は水槽の周辺設備対策となります。

 

蛍光灯などを設置していると蛍光灯の熱により水槽の水温も上昇してしまいますので蛍光灯のリフトアップや点灯時間の短縮などを検討しましょう。

 

水槽用のファンを利用するのもオススメです。

 

水槽用ファンは気化熱を利用して水温を下げる仕組みのもので2℃〜4℃程度水温を下げることができます。

 

2℃〜4℃と言うと夏場の高水温時には焼け石に水のように思われる方も多いようですが、お風呂を想像してみてください。

 

お風呂のお湯が2℃違うと随分体の温まり方も違うのではないでしょうか。

 

水槽用のファンは小型の扇風機のような仕組みなので電気代もさほどかからなく、夏場に1カ月使用しても電気代は100円かかるか、かからないか程度です。

 

費用対効果を考えると水槽用ファンは意外と優れものアイテムなのです。

 

水槽用の冷却アイテムには水槽用クーラーなどもありますが、水槽用クーラーはそれなりに高額な為、金魚の飼育などではあまり使用されず海水魚やサンゴなどの飼育に使用されています。

 

ここまでは上がってしまった水温に対する対策をお話ししてきましたが、もう一つの高水温対策が、水温を上げないようにする方法です。

 

小型の金魚鉢や水槽は水量が少ないためにどうしても周りの気温や湿度に大きく影響されやすいものです。

 

暑い夏を迎える前に大きめの容器を検討したり、屋外での睡蓮鉢や池を利用した屋外飼育に切り替えてみるのも暑い夏を乗り切るための水温対策のひとつなのです。

 

屋内飼育と屋外飼育の違い

5月下旬頃から気温が15℃以下になる秋までは屋外で飼育した方が水温管理はしやすいものです。

 

一見屋内の方がエアコンなどで温度管理がしやすいように思われがちですが、人がいない時間帯や深夜などは締め切った室内よりも風が通る屋外の方が気温が低く、湿度も低めに保つことができるのです。

 

また、日中はエアコンにより下げられていた水温が夜になり、エアコンを切ってしまうと上がってしまうような環境は、1日の中で水温の変化が激しくなり、金魚にとってはストレスとなってしまうこともあります。

 

また、屋外飼育ではスペースも広く確保出来るため、睡蓮鉢やトロ舟などを使用することで水量を確保できます。

 

水量の確保はその量に比例して水温変化と水質変化を緩やかにすることができるので高水温対策には多大な効果を発揮します。

 

さらに屋外では太陽の光も利用できるので室内よりも植物性プランクトンや水草なども育てやすくなりますので金魚の稚魚の育成にも向いています。

 

飼育容器は日陰に置くべきか

屋外飼育は水温対策に限らず、様々なメリットがあることは理解できたが、飼育容器はどこに置くのがベストなのでしょうか。

 

日陰?日向?

 

確かに高水温対策だけを考えると日陰がいいように思えますが、ビオトープに用いられる植物やそこに生息する植物性プランクトンなどは太陽の光を必要としています。

 

また、金魚などの生体も太陽の光を浴びることにより体内で作り出される物質もあり、適度な日向ぼっこは必要なものなのです。

 

よって1日中日陰になるような場所よりは日向の方が上手く育てることができます。

 

その場合の高水温対策としては容器を朝日のみが当たる場所に置き、午後からは日陰になるような場所を選んだり、容器の上にすだれなどを置き、日陰の場所と日向の場所の両方の環境を再現してあげるなどの工夫が必要となってきます。

 

そのような環境を作ってあげれば金魚は自分達で日陰と日向をうまく利用して生活することができます。

 

 

-金魚の世話と水質維持

© 2020 金魚の飼い方.com