ぶくぶく無しで金魚を飼う方法~金魚の飼い方.com

ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

   

金魚

ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

Home>>金魚の知識>>ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

エアレーション通称『ぶくぶく』無しで金魚は飼えるのだろうか?金魚を飼い始めるとそんな疑問を抱くこともあるでしょう。

その答えは条件さえ整えればイエスです。

通称ぶくぶくとはエアレーションのことで、金魚がはいっている金魚鉢や水槽に酸素を送り込むことによって金魚が生活しやすい環境を作り上げるアクアリウム設備の一つです。


電源に繋ぐことによってエアーストーンから酸素が出始め、その音がブクブクと鳴ることから通称ぶくぶくなどと呼ばれることもあります。

金魚やメダカなど水生生物を飼育する上では昔からメジャーな飼育器具ですのでご存知の方も多いはずです。

金魚の呼吸とぶくぶくの関係

金魚鼻上げ金魚は水の中にある酸素をエラから取り入れることによって呼吸していますので水中の酸素が無くなれば死んでしまいます。

その前兆として水中の酸素が不足し始めると水面に顔を出しパクパクと苦しそうな仕草をするようになりますのでそのような状況になったら酸素不足と考えてください。

その酸素不足を防ぐために用いられる器具がぶくぶくと呼ばれるエアレーションなのですが飼育環境によってはエアレーションが準備できないなんてこともあるかもしれません。

その理由としてぶくぶくを持っていない。屋外で金魚を飼育しており近くにコンセントが無い。小さな金魚鉢なのでぶくぶくが設置し難いなど。

金魚を飼育するにあたってエアレーションはあったほうが絶対にいいものなのですが必ずなければいけないというものでもないのです。

金魚を入れている水をしっかり管理することにより金魚が必要とする酸素を維持することが出来ればぶくぶくが無くても金魚を飼うことは可能です。


それではどのようにすればぶくぶく無しで金魚が飼えるのか考えていきましょう。まず大前提として金魚が消費する酸素量よりも供給される酸素量の方が優っていることが必須です。

その環境を保つための一つ目の方法は水量に対して金魚の数を少なくすることです。酸素を消費する生態が少なければ水中の酸素が減るスピードも遅くなりますのでぶくぶく無しでも飼育が可能になります。

逆に同じ大きさの飼育容器の中にたくさんの金魚を入れたもののほうが断然酸素不足になりやすくなります。

しかし・・・

大きな水槽に金魚1匹などではやはり寂しいものですし、出来ればいろいろな金魚を飼いたいと言った想いもあるでしょう。

そのような時は水換えの頻度を増やすことです。水道水には新鮮な酸素が含まれていますので水換えを行うことで金魚鉢や水槽に新しい酸素を取り込むことができます。

また水換えによって常に綺麗な水質が保てるので金魚の病気を防ぐこともできます。

ただ水換えにはメリットだけでは無くデメリットもありますのでしっかりとした水換え方法をマスターして行うようにしてください。

pHや水温、カルキなど気を使わなければならない項目をしっかり理解し水換えを行うようにしましょう。

まだまだ他にも方法はあり、水草を入れることにより水草の光合成を利用した酸素供給方法もあります。

この方法は水草がしっかり成長することが必要ですので屋外飼育など、日光が当たる場所での金魚飼育において用いることのできる方法とも言えるでしょう。

ビオトープスイレン鉢に金魚とホテイアオイやマツモ、アナカリスなどを入れ日の当たる庭先や玄関先に置いておくのもまた風流なものです。

このような飼育方法をビオトープでの金魚飼育といい、自然の減った現代社会にとってちょっとした水辺を作ることのできるビオトープは非常に人気のある飼育方法となってきています。

ビオトープセットをamazonで購入
ビオトープセットを楽天で購入


最後にこれは酸素を供給する方法では無いのですが水中の溶存酸素の量に大きな影響を与えることですので覚えておいてください。

水中では水温が上昇することにより水中の溶存酸素量は低下します。

よって冬場や春先に問題が無かった水槽でも夏になったら急に酸欠を起こしたなんて事にもなりかねませんので気をつけてください。

室内で飼育している金魚であれば直射日光の当たらない場所や昼間でも室温が高くならない場所などに置くようにしましょう。

特に水量の少ない金魚鉢などでは水温の上昇は顕著に現れますので注意が必要です。

このように水中の溶存酸素量をしっかり把握して適切な管理をおこなうことでエアレーションなしでも十分金魚を飼育することは可能です。

しかしアクアリウム初心者などでこのような仕組みをしっかり把握できていないのであれば無理にエアレーションなしの環境を維持するのは得策とは言えないでしょう。

できればしっかりとした設備を整えてあげるほうが金魚の寿命を延ばすことにもつながります。

エアレーションセットをamazonで購入
エアレーションセットを楽天で購入


通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 酸素供給は大切なファクターです。エアレーション特集!
  • 正しい水はアクアリウムの原点です
  • 池ろ過はウォータークリーナーで決まり!


    前の記事>>金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
    次の記事>>金魚の飼い方


    関連記事

  • 金魚のルーツと時代の流れ

    金魚は日本古来より金魚すくいや金魚売りなどと庶民に馴染みの深い、夏の風物詩となっていますので日本原産と思われがちですが実は金魚>>続きを読む

  • 金魚の種類と分類

    あまり知られていないですが金魚には沢山の種類があり原種に近い体型で活発に泳ぐものから優雅な尾鰭を持った金魚やずんぐりむっくりし>>続きを読む

  • 金魚の品種による体の特徴

    ここでは金魚の品種差による体の特徴の違いについて触れてみようと思います。まず初めに金魚のルーツは中国のフナですので長い年月をか>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚に最適な水

    金魚を飼育するうえで必ず必要なものが水ですがこの水=飼育水にはどんな水が向いているのでしょうか。その飼育水を知るにはまず金魚が>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む

  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法

    お祭りの夜店などで必ず見かける金魚掬いですがこの金魚掬いで金魚を沢山捕まえるコツがあるのをご存知でしょうか。ちょっとしたコツを>>続きを読む

    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の世話

  • 餌の与え方と餌の種類
  • 金魚の水槽掃除の仕方
  • 季節に合わせた金魚の世話
  • 金魚の正しい冬眠方法
  • 金魚の繁殖
  • 金魚の稚魚の育て方
  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法
  • 金魚と水草

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む