初めてのピンポンパール飼育 飼い方や餌やりの注意点

初めてのピンポンパール飼育 飼い方や餌やりの注意点

   

金魚

初めてのピンポンパール飼育 飼い方や餌やりの注意点

Home>>金魚の種類>>初めてのピンポンパール飼育 飼い方や餌やりの注意点

ピンポンパールピンポンパールは「他の金魚に比べて弱い」、「飼育が難しい」とよく言われます。確かに金魚の中でも丈夫な種類、環境の変化に強い種類など個体差を含めても様々です。

その中でもピンポンパールはどちらかと言えば弱い種類の金魚かもしれません。だからこそピンポンパールを飼うためにはしっかりとした知識をつけてから飼育に挑みたいものです。

初めてピンポンパールを飼う人のためにピンポンパールの上手な飼い方から飼育における注意点や餌やりで気をつけたいことなどを紹介いたします。


ピンポンパールを初めて飼う

ピンポンパールを初めて飼う人のためにピンポンパールならではの飼育の注意点をご紹介いたします。

まず、ピンポンパールは見た目の体型からも推測できるように泳ぎがあまり得意ではありません。

よってろ過装置などの水流が強いと泳ぎ疲れてしまい、疲労やストレスを溜め込みやすくなってしまいますので、弱めの水流を心がけましょう。

ろ過フィルターの水流を弱くする方法にはいくつかあり、排水の向きを変える、水草などの障害物をレイアウトし、水流を拡散させる、ろ過フィルターそのものを能力の低いものに変えるなどがあります。

水流を弱めることはピンポンパールの運動量から考えると良いことなのですが、水槽内の水質維持の観点からするとデメリットになることも認識しておきましょう。

どのような方法を用いるにしろ、水槽内で水流を弱めるということは、水の淀みを作ってしまったり、水質の悪化を早める傾向になります。

水流を弱めにしたら、同時に極力水を汚さない管理も大切になってきます。

ピンポンパールの飼育数を抑える、餌の頻度や量を抑える、定期的な水換えを行うなどが水質悪化を防ぐ方法となります。

ピンポンパールとの混泳

ピンポンパールの泳ぎの不器用さは餌の確保にも影響をあたえます。

.泳ぎが下手なので上手く餌を食べられないことがあるのです。

そんなピンポンパールを泳ぎの得意な和金やコメットなどと混泳させてしまうと餌にありつけないことがありますのであまりお勧めできません。

ピンポンパールを飼育するのであれば、ピンポンパール単独の飼育が望ましいでしょう。

他にも餌の与え方などにも気をつけたい点がありますので、ピンポンパールの餌やりについてさらに掘り下げて話を進めていきましょう。

ピンポンパールの餌やり

ピンポンパールの餌やりは基本的には他の金魚と同じと思って問題ありません。

特別な餌を用意するわけでもなく、太っているからたくさん与えなければいけないというわけでもありません。

むしろ、その体型と食欲からついつい餌の量が多くなり過ぎてしまう傾向がありますので、その点を気をつけたいくらいです。

餌は少ない量を回数を分けて与えるようにします。

ヒーターで水温を管理した水槽やヒーター不使用でも春から秋にかけての水温が高い時期などは1日に3回くらいを目安に与えるようにします。

冬場など水温が15℃より下回るような時期にはピンポンパールの活性が下がるうえ、消化機能も低下しますので1週間に1回くらいの餌やりで問題ありません。

また、ピンポンパールのようにずんぐりむっくりした体型の金魚は全体的に和金などに比べると消化器官が弱い傾向にあります。

よって古い餌や消化の悪い餌、水温が低い時の餌やりなどは避けるようにすると調子を崩すことが少なくなります。

ピンポンパールにおすすめの餌

ここで紹介するおすすめの餌とは、あえて選ぶならという意味で、基本的には金魚の餌であれば何を与えても大きな問題はありません。

そのことを理解した上で読み進めてください。

金魚の餌には大きく分けて浮くタイプ(浮遊性)の餌と沈むタイプ(沈水性)の餌がありますが、ピンポンパールにおすすめの餌は沈むタイプ(沈水性)の餌です。

浮くタイプの餌の方が見つけやすく食べやすいように思えますが、浮くタイプの餌は食べる際に餌と一緒に空気を飲み込んでしまうため、お腹にガスを溜めやすくなってしまいます。

その結果、転覆病などを引き起こすこともあります。転覆病の原因は他にもありますが、病気の原因とされることは出来れば避けたいものです。

その症状はピンポンパールや琉金などのように丸型体型の金魚に顕著に現れるため、丸型体型の金魚には沈むタイプの餌がおすすめなのです。

ただ、浮遊性だけを重視してしまい、肝心な栄養バランスや消化のしやすさなどを蔑ろにしては意味がありません。

例えば、沈水性の強い動物質の餌ばかりをあげていると栄養価は高いですし、空気を飲み込んでしまうような問題は起きにくいでしょう。

しかし、動物質の餌は植物質の餌に比べて消化が悪いのでたくさん与えすぎたり、水温が低い時期に与えたりすると消化不良を起こすことにもなりかねません。

消化不良もピンポンパールの転覆病を引き起こす一つの要因とされていますので、気をつけなければいけない問題です。

よって浮遊性の餌ばかりをあげていて転覆病を起こした時には沈水性の餌に変えてみるなどの方法をとるといいかもしれません。

基本的にはどんな餌でもよく食べてくれますので栄養価と消化の問題を考えながら適切な量を与えられれば問題ないのです。

アカムシなどの動物質の餌は栄養価は高いが、消化が悪い。

ミジンコ浮き草などの植物質の餌は栄養価にばらつきがあるが、消化は良い。

フレークやタブレットなどの人工飼料は栄養バランスは良いが、水を汚しやすい。

生き餌や水草などは水を汚すことはない。

このように餌ごとにメリットとデメリットがありますので、その時の金魚の状態や飼育環境、水温などを考慮して色々な餌を与えられると良いでしょう。

ミジンコウキクサ
Amazonで購入
楽天市場で購入





関連記事

  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • ピンポンパールはまるでピンポン玉のような実にまん丸の体型を持つ外国生まれの金魚です。そのルーツは様々な品種の金魚たちと同じよ>>続きを読む


  • ピンポンパールの寿命と罹りやすい病気
  • ピンポンパールはどのくらい生きるのか?ピンポンパールの寿命と寿命に大きな影響を与える病気に焦点を絞りご紹介いたします。ピンポン>>続きを読む


  • ピンポンパールの大きさと最適な水槽サイズ・飼育数・適正数
  • ショップなどで販売されているピンポンパールはまさにピンポン玉くらいの大きさのものが多いものです。そのような理由と名前から想像で>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 苔育成 | カメ |

    PR

    よく読まれている記事

  • 酸素不足対策!酸素ポンプ(ブクブク)無しで金魚を飼う方法
  • 通称『ブクブク』酸素ポンプ無しで金魚は飼えるのだろうか?エアレーション以外で酸素不足を解消する方法はないのか?金魚を飼い始める>>続きを読む


  • 金魚は意外と長生き!金魚の寿命と大きさ
  • お祭りの夜店で掬った金魚はあまり長生きしない、寿命が短いと思われる方が多いようですがはたして金魚すくいの金魚は本当に寿命が短い>>続きを読む


  • 金魚の稚魚の育て方
  • 金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む


  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む


  • 金魚の繁殖・増やし方
  • 水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む


  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • 金魚すくいなどでもよく見られる最も一般的な金魚がこの和金でしょう。金魚の祖先であるフナによく似た細長い体型で体色は赤色や赤白色>>続きを読む


  • 金魚を病気にさせない飼い方 | 金魚を病気から守る4つのポイント
  • 金魚は一度病気にかかってしまうと完治させるのに時間がかかり、さらに病気の初期症状に気がつかずに放置してしまう期間が長いほど、金>>続きを読む


  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む


  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む


  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む



    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚に最適な水温と水質
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ポンプ無し(ぶくぶく)で金魚を飼う飼い方

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 屋外で金魚を飼う為の池作り
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント
  • 飼育環境で変わる金魚におすすめの濾過フィルターと水流対策

    金魚の世話

  • 餌の与え方と餌の種類
  • 金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法
  • 旅行中や外泊時の金魚のエサはどうする?与え方とおすすめのエサ
  • パンは駄目!?家にあるもので金魚の餌やりをする時の注意点
  • 金魚の水槽掃除の仕方
  • 季節に合わせた金魚の世話
  • 金魚の正しい冬眠方法
  • 屋外飼育での春先の病気予防
  • 夏場の水温管理と正しい水温の下げ方
  • 金魚の繁殖
  • 金魚の稚魚の育て方
  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法
  • 金魚と水草レイアウト
  • 間違ったフィルター掃除は逆効果!金魚水槽のフィルター掃除方法と注意点

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の病気⁉︎白い膜・カビ・綿・斑点 原因と治療法
  • 金魚の病気⁉︎浮く・沈む・横になる・動かない・曲がる
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴