ピンポンパールの寿命と罹りやすい病気

ピンポンパールの寿命と罹りやすい病気

   

金魚

ピンポンパールの寿命と罹りやすい病気

Home>>金魚飼育の疑問と雑学>>ピンポンパールの寿命と罹りやすい病気

金魚 ピンポンパールはどのくらい生きるのか?

ピンポンパールの寿命と寿命に大きな影響を与える病気に焦点を絞りご紹介いたします。


ピンポンパールの寿命

ピンポンパールの平均寿命は5年程度とされていますが、人と同じように個体差や生活環境によって寿命は変わってきます。

長生きのものでは10年以上生きたという例もありますので、ピンポンパールの長寿に挑戦してみるのも飼育の楽しみの一つになるでしょう。

長生きをさせるためには餌の与えすぎを避けたり、綺麗な水質を保つなど、いくつかの飼育のコツはありますが、病気にさせないこと、病気になってしまった時の対処法を知っていることなども大切なことです。

その為にもピンポンパールが罹りやすい病気についての知識も高めておきましょう。

ピンポンパールが罹りやすい病気

ピンポンパールが罹りやすい病気には白い点々ができる白点病、ヒレの付け根や鱗の周りが赤く滲んだようになる赤斑病、ひっくり返ってしまう転覆病などがあります。

ピンポンパールに白い点 白点病

白点病は金魚の風邪と言われるほど油断するとかかりやすい病気とされており、水質の悪化と病原虫との因果関係が主な原因とされています。

予防策としてはこまめな水換えにより常に綺麗な水を保つようにしましょう。

また、過密飼育も水質悪化の要因となりやすいので余裕を持った飼育を心がけましょう。

白点病の治し方・治療

白点病の兆候が見られたら、水温を少々高めの28℃くらいに保ち、塩浴や薬浴によって治療を行うようにします。

関連記事

  • 金魚の白点病 原因と治療 鷹の爪・塩浴・薬浴それぞれの効果
  • 金魚の白点病、その原因と治療方法についてまとめました。巷では水温を上げる・鷹の爪治療・塩浴治療・薬浴治療など様々な治療法が知ら>>続きを読む

    ピンポンパールの鱗やヒレが赤い 赤斑病

    赤斑病の原因は運動性エロモナス菌とされており、白点病同様に金魚がストレスや水質の急変、悪化などによって弱った時にかかりやすくなります。

    金魚の体表に赤く滲んだような症状が現れ始め、徐々に広がっていきます。

    病気の進行とともに金魚はじっとしていて動かなくなる時間が増え、餌にも見向きしなくなります。

    ピンポンパールが罹りやすい転覆病

    転覆病はピンポンパールが斜めになって泳いだり、ひっくり返ってしまったりと明らかに平衡感覚を無くしてしまったような状態になる病気です。

    金魚がひっくり返ってしまったり、傾いてしまう症状には転覆病以外にもいくつかの病名がありますが、ここでは転覆病に焦点を絞りご紹介いたします。

    転覆病はピンポンパールだけではなく、琉金や出目金のように体が丸い金魚によく見られる病気で、エサのあげすぎによる消化不良や浮袋の異常によって起こりますが、はっきりとした原因はわかっていません。

    転覆病の治し方・治療

    浮袋の異常の場合には、そのまま回復を待つしかありませんが、消化不良の場合には水温を25℃位に保ち、エサを絶つことで数日で回復することもあります。

    予防策としてはエサを少なめにあげることと、消化の良いエサ、古くないエサを与えることです。

    また、浮遊性のエサはピンポンパールがエサを食べる際に空気も一緒に飲み込んでしまいガス病を引き起こすこともありますので、沈水性のエサに切り替えてみるのも一つの対策となります。


    これらがピンポンパールがかかりやすい主な病気ですが、他にも様々な病気が知られています。

    金魚の病気には色々な病気がありますが、基本的には綺麗な飼育水を保ち、ストレスを出来るだけ与えないように飼育してあげることがピンポンパールを長生きさせるコツなのです。


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 苔育成 | カメ |

    PR

    よく読まれている記事

  • 酸素不足対策!酸素ポンプ(ブクブク)無しで金魚を飼う方法
  • 通称『ブクブク』酸素ポンプ無しで金魚は飼えるのだろうか?エアレーション以外で酸素不足を解消する方法はないのか?金魚を飼い始める>>続きを読む


  • 金魚は意外と長生き!金魚の寿命と大きさ
  • お祭りの夜店で掬った金魚はあまり長生きしない、寿命が短いと思われる方が多いようですがはたして金魚すくいの金魚は本当に寿命が短い>>続きを読む


  • 金魚の稚魚の育て方
  • 金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む


  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む


  • 金魚の繁殖・増やし方
  • 水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む


  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • 金魚すくいなどでもよく見られる最も一般的な金魚がこの和金でしょう。金魚の祖先であるフナによく似た細長い体型で体色は赤色や赤白色>>続きを読む


  • 金魚を病気にさせない飼い方 | 金魚を病気から守る4つのポイント
  • 金魚は一度病気にかかってしまうと完治させるのに時間がかかり、さらに病気の初期症状に気がつかずに放置してしまう期間が長いほど、金>>続きを読む


  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む


  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む


  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む



    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚に最適な水温と水質
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ポンプ無し(ぶくぶく)で金魚を飼う飼い方

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 屋外で金魚を飼う為の池作り
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント
  • 飼育環境で変わる金魚におすすめの濾過フィルターと水流対策

    金魚の世話

  • 餌の与え方と餌の種類
  • 金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法
  • 旅行中や外泊時の金魚のエサはどうする?与え方とおすすめのエサ
  • パンは駄目!?家にあるもので金魚の餌やりをする時の注意点
  • 金魚の水槽掃除の仕方
  • 季節に合わせた金魚の世話
  • 金魚の正しい冬眠方法
  • 屋外飼育での春先の病気予防
  • 夏場の水温管理と正しい水温の下げ方
  • 金魚の繁殖
  • 金魚の稚魚の育て方
  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法
  • 金魚と水草レイアウト
  • 間違ったフィルター掃除は逆効果!金魚水槽のフィルター掃除方法と注意点

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の病気⁉︎白い膜・カビ・綿・斑点 原因と治療法
  • 金魚の病気⁉︎浮く・沈む・横になる・動かない・曲がる
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 出目金の飼い方 | 初心者が注意すべき水温・エサ・混泳
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • 琉金の飼い方 | 初心者が注意すべき水替え・水温・エサ・混泳
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方
  • 東錦(アズマニシキ)の特徴と飼い方
  • 独特な個性を持つ変わった金魚