キャリコ琉金の特徴と飼い方

キャリコ琉金の特徴と飼い方

キャリコ琉金の特徴と飼い方

キャリコ琉金
キャリコ琉金

明治時代にアメリカ人の依頼により三色出目金の色合いを琉金に取り入れた金魚が作出され、英語のcalico(まだら)からキャリコ琉金と名づけられました。当初はまだ日本人に馴染みがなく主に輸出向けとして扱われていたようです。

キャリコとは更紗、つまりまだら模様という意味でこの品種の登場以降、同様の体色をもつ品種はキャリコ〜と呼ばれるようになりました。

ただ金魚の世界ではただ単にキャリコといえばこのキャリコ琉金のことを指します。

体型はリュウキン型でリュウキンと同じように頭部の小さい丸っこい体に大きくて長いヒレを持っていますが体色が藍、赤、黒の雑色で鱗は透明鱗があるところがリュウキンと違います。尾びれには三つ尾、四つ尾、さくら尾があります。

キャリコ琉金の中では藍色を基調に赤と黒で程よく彩られ横から見て円形に近い体つきをしたものが高級品とされています。

キャリコ琉金の飼い方

キャリコ琉金の飼育においては琉金の飼い方と同等になります。和金型の金魚についで丈夫な金魚ですので初心者向きの金魚と言えるでしょう。

ただ丸みを帯びた体型からもわかるように泳ぎがあまり得意ではないので水槽などで飼育する場合には濾過フィルターの水流を弱めに保つなどの配慮が必要となります。

混泳に対しても活発に動き回る和金やコメットなどと一緒に飼育するのはあまりお勧めできません。できれば琉金は琉金型の金魚同士で混泳をさせるようにすると餌にありつけないなどの問題もなくなるはずです。

金魚の種類別飼育法カテゴリの最新記事