金魚に水道水をそのまま使っても大丈夫?カルキ抜きの必要性と時間

2023年3月15日

※この記事では広告を表示しております。

金魚に水道水をそのまま使っても大丈夫?

金魚に水道水をそのまま使っても大丈夫?

金魚の水道水のカルキ抜きとは?

水道水のカルキ抜きの時間はどのくらい?

カルキ抜き剤は入れすぎるとどうなる?

こんな金魚と水道水の関係についてご紹介いたします。

金魚に水道水をそのまま使っても大丈夫?

金魚に水道水をそのまま使用することはおすすめできません。

理由は水道水に含まれる塩素(カルキ)が金魚に悪影響を与える可能性があるためです。

水道水を金魚に安全に使用するには、いくつかの方法で塩素を除去する必要があります。

水道水には通常、塩素が添加されており、細菌やウイルスを殺菌するために使用されています。

しかし、金魚にとっては塩素がストレスを引き起こし、健康を損なう可能性があります。

また、塩素が金魚の鰓に直接触れると酸素の取り込みが阻害され、窒息を引き起こすことがあります。

よって金魚に水道水を使用する前にはカルキ抜きと呼ばれる作業は必要となってきます。

金魚の水道水のカルキ抜きとは?

金魚の水道水のカルキ抜きとは水道水から金魚に有害な成分である塩素(カルキ)を除去する作業です。

金魚に安全な水質環境を提供するためには、水道水を使用する前にカルキ抜きを行うことが重要です。

以下にカルキ抜きの主な方法とその理由を説明します。

自然揮発(放置)によるカルキ抜き

この方法では水道水を容器に入れ、24~48時間放置することで、水中の塩素が自然に揮発し、金魚に安全な水になります。

水の表面積が広い方が塩素が蒸発しやすく効果的です。

ただし、時間がかかるというデメリットがあります。

沸騰によるカルキ抜き

水道水を沸騰させることでも水中の塩素を効果的に除去することができます。

ただし、沸騰させた水を冷まし、金魚に適した温度に戻す必要があります。

カルキ抜き剤によるカルキ抜き

市販のカルキ抜き剤を使用することで、迅速かつ効果的に水道水中の塩素を除去できます。

カルキ抜き剤を使用する際は適切な量を使用し、製品の指示に従ってください。

カーボンフィルターによるカルキ抜き

活性炭を使用したフィルターは水道水中の塩素を吸着し、除去することができます。

ただ、定期的にフィルターを交換する必要があります。

水道水のカルキ抜きの時間はどのくらい?

水道水のカルキ(塩素)抜きにかかる時間は自然揮発によって約24~48時間です。

カルキが抜けるまでの時間は気温に影響を受けるため、夏と冬ではかかる時間にかなりの違いが出てきます。

自然揮発を利用したカルキ抜きの方法は、次のとおりです。

容器に水道水を入れる

大きめの容器やバケツに水道水を入れます。

水の表面積が広い方が塩素がより早く蒸発しやすくなります。

換気の良い場所に置く

容器を風通しの良い場所に置きます。

換気が良いと塩素が効率的に揮発します。

ただし、真夏は直射日光の当たる場所は避けてください。

水温が上昇しすぎると金魚にとって適さない環境になることがあります。

使用前に水温計を使用して水温を確認することも大切です。

24~48時間放置する

水道水を容器に入れてから約24~48時間放置します。

この時間で水道水中の塩素がほぼ自然に蒸発し、金魚にとって安全な水になります。

ただし、水道水の塩素濃度や気温によってこの時間が多少前後することがあります。

自然揮発によるカルキ抜きは簡単でコストもかからない方法ですが、時間がかかるという欠点があります。

急いでカルキ抜きをしたい場合は、市販のカルキ抜き剤を使用することをおすすめします。

カルキ抜き剤は水道水中の塩素を素早く除去できます。

カルキ抜き剤は入れすぎるとどうなる?

カルキ抜き剤を使用することで迅速に水道水中の塩素を除去できます。

しかし、カルキ抜き剤をたくさん入れたからといって早く中和できるわけではありません。

逆にカルキ抜き剤の入れすぎには、以下のような問題が生じることがあります。

  • 水質の急変
  • 酸素不足
  • 有益な微生物への影響

などが挙げられます。

水質の変化が起こる

カルキ抜き剤を過剰に使用すると水質が急激に変化し、金魚がストレスを感じる原因となります。

金魚は環境の変化に敏感であり、水質の急激な変化は免疫力の低下や病気の発生につながることがあります。

酸素不足が起こる

一部のカルキ抜き剤は、過剰に使用すると水中の酸素濃度が低下することがあります。

酸素不足は金魚の窒息や免疫力の低下を引き起こし、健康を損なうことがあります。

有益な微生物の影響が起こる

過剰なカルキ抜き剤の使用は水槽内の有益なバクテリアにも影響を与えることがあります。

有益なバクテリアにはアンモニアや亜硝酸を分解し、水質を安定させる役割があります。

これらのバクテリアが減少すると、水質悪化が進行し、金魚の健康に悪影響を与えます。

カルキ抜き(水処理剤)を使用する際は適切な量を守り、指示に従って行うことが重要です。

ただ、上記のような問題は多少の入れすぎ程度では起こりません。

あくまでも、行きすぎた量の添加に対しての問題でもありますので、カルキ抜き剤自体それほど危険なものではないことはご理解ください。

最後に、残留塩素の測定や水槽内のアンモニア濃度、亜硝酸濃度などの水質測定は金魚飼育の基本ともいえます。

よって水質測定キットを日頃から使う習慣をつけておく事が大切です。

金魚のカルキ抜きと水道水まとめ

  • カルキ抜きとは金魚に有害な塩素(カルキ)を水道水から除去することで、金魚に安全な水環境を提供するための重要な作業。
  • カルキ抜きの方法には自然揮発(24~48時間放置)、沸騰、カルキ抜き剤の使用、カーボンフィルターの利用がある。
  • 水道水中の塩素が金魚に悪影響を与える理由は、鰓への刺激や酸素取り込みの阻害、ストレスの引き起こし等がある。
  • 金魚の健康維持には、適切な水質管理が重要であり、カルキ抜きの他にも、適切な水温、酸素供給、定期的な水換えが必要。
  • 金魚がストレスを感じないようにするためには、適切な水温の維持、十分な酸素供給、適切な大きさの水槽、清潔な環境が整えられることが大切。

今回は金魚のカルキ抜きと水道水の関係についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-金魚の世話と水質維持
-