転覆病の金魚に餌は与えない!?絶食期間とおすすめの餌

2023年3月5日

※この記事では広告を表示しております。

転覆病の金魚に餌は与えない

金魚は餌が原因で転覆病になることがある?

転覆病の金魚には餌を与えないほうがいい?

転覆病の金魚の絶食期間はどのくらい?

金魚の転覆病が回復してきた時におすすめの餌は?

こんな金魚の転覆病と餌の関係についてご紹介いたします。

金魚は餌が原因で転覆病になることがある?

金魚の転覆病は餌のやり過ぎや餌の品質による消化不良が原因の1つとされています。

餌を過剰に与えると、金魚の体内に脂肪が蓄積され、その結果、浮力が減少し転覆病が発生する可能性があります。

さらに食べ過ぎたことにより餌を消化しきれずにお腹の中で腐敗してしまうこともあります。

そのような状態でお腹の中にガスが溜まり転覆してしまうこともあります。

また、餌を与えすぎることで、水槽内の水質が悪化し、病気や感染症の原因となることもあります。

よって適切な量の餌を与え、水槽内の水質管理をしっかりと行うことが大切です。

金魚の転覆病は餌を与えないほうがいい?

金魚が転覆病にかかってしまった場合には一時的に餌を与えないほうが良いとされています。

転覆病は金魚の浮力が減少し、身体が反転する症状です。

この状態で餌を与えると金魚が餌を食べられず、水槽内の水質が悪化する可能性があります。

さらに消化不良の場合には餌を与えることで症状が悪化してしまうこともありますので特に注意が必要です。

軽い転覆病の場合には餌を断つだけで絶食期間中に金魚の転覆病が改善されることもあります。

ただし、絶食期間中にも水槽内の水質管理はしっかりと行う必要があります。

金魚の転覆病の絶食期間はどのくらい?

金魚の転覆病の絶食期間は、通常3~5日程度が適切とされています。

金魚は餌を食べなくても1週間以上は問題なく生きられますので安心してください。

まずは餌やりを断ち、金魚のお腹の中を空にすることで消化器官の回復を促します。

この間に塩浴などを行い金魚の抵抗力や免疫力を高める治療を行うとさらに効果的です。

金魚の転覆病が回復してきた時におすすめの餌は?

金魚の転覆病が回復してきた時には、軟らかくて消化の良い餌を与えることがおすすめです。

回復期の金魚は、まだ体調が不安定であるため、消化に負荷がかかる固い餌や過剰な量の餌は避ける必要があります。

回復期の金魚に与えることができる餌としては、ゼラチン状の餌や、水に溶けやすい餌、または人工飼料を細かくしたものなどが挙げられます。

金魚の稚魚用の餌なども食べやすく消化に良いのでおすすめです。

また、回復期の金魚には栄養価の高い餌を与えることも重要です。

転覆病にかかる前の健康な状態に戻すためには、十分な栄養素を取り込むことが必要です。

回復期には特にビタミンCやタンパク質、脂肪酸などが豊富な餌を与えることが良いでしょう。

しかし、回復期になっても過剰な餌を与えると再発の可能性があるため、適量を守り、水槽内の水質管理にも注意しなければなりません。

金魚の転覆病は適切な餌の与え方や水質管理など予防が重要です。

また、転覆病にかかってしまった場合は、適切な絶食期間と栄養素の豊富な餌で早期回復を目指すことが必要です。

さらに、金魚の転覆病に対する予防策として、餌の種類や量の調整が必要です。

金魚には様々な種類の餌があり、水槽内での餌の摂取量も金魚の種類や大きさによって異なります。

一般的には、金魚の餌の摂取量は1日に金魚の体重の1%程度が適量とされています。

また、1回の餌の量は金魚の口に収まる程度が適量です。

過剰な餌の与え方や餌を与える頻度が多いと金魚が脂肪を蓄積してしまい、転覆病の原因となることがあります。

金魚の転覆病と餌まとめ

  • 金魚の転覆病は餌の過剰摂取により起こる可能性がある。
  • 転覆病にかかった場合は、一時的に餌を与えず水槽内の水質管理をしっかりと行うことが重要。
  • 転覆病の絶食期間は通常3~5日程度で、その後消化の良い軟らかい餌を与えることがおすすめ。
  • 回復期の金魚には軟らかくて消化の良い餌を与え、栄養価の高い餌で健康状態を維持することが必要。
  • 転覆病の予防策として、適切な餌の種類や量の調整、水槽内の水質管理が必要。
  • 転覆病は予防に努め、早期発見と治療を行うことが重要。

今回は金魚の転覆病と餌の関係についてご紹介しました。皆様の金魚の世話の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-金魚の病気
-