金魚のブクブクがうるさい!金魚のブクブクは夜止めても大丈夫?

2022年12月20日

金魚のブクブクがうるさい

金魚のブクブクがうるさい。

金魚のブクブクは夜止めても大丈夫?

金魚のブクブクで静かなものはある?

こんな金魚のブクブクに関する疑問についてご紹介いたします。

金魚のブクブクがうるさいのはなぜ?

金魚のブクブクとはご存知の通り金魚に酸素を送るためのエアーポンプです。

エアーポンプは酸素供給の面では非常に優れものなのですが、「作動音がうるさい」と言うのが昔からの悩みの種でもあります。

特に寝室に水槽を置いている場合には夜間のブクブクは気になってしまうものでもあります。

そんな金魚のブクブクがうるさいのは何故なのか?

騒音の原因を対策することで静かにする事が出来るのかについて考えてみましょう。

まず金魚のブクブクがうるさい原因には3つあります。

  • エアーポンプそのものの作動音
  • エアーポンプが床や壁に伝える振動音
  • エアーポンプから出る酸素が水中で弾ける音

これらの音を対策していく事でブクブクを静かにする事が出来ます。

エアーポンプそのものの作動音がうるさい

エアーポンプも様々なメーカーから多種多様なものが販売されています。

その中でも価格が安いものや機種が古い物などには作動音が大きいものもあります。

もし、今使っているエアーポンプが静音タイプの物でないのでしたら、静音タイプのエアーポンプに切り替えるのも一つの方法です。

音が静かな静音タイプのエアーポンプについてはこの後詳しくご紹介いたします。

エアーポンプが床や壁に伝える振動音がうるさい

エアーポンプの設置場所や設置しているものの材質によっては振動がダイレクトに伝わってしまうこともあります。

エアーポンプの振動が伝わってしまうと振動音がうるさいなんてことにもなりかねません。

そのような時にはエアーポンプの下に防振ゴムやマットなどを敷く事で騒音を抑える事が出来ます。

また、エアーポンプ自体を吊るす事で床や壁などから離す事が出来るため振動音をなくす事が出来ます。

エアーポンプから出る酸素が水中で弾ける音

意外と見落とされがちなのが、エアーポンプから出る酸素の弾ける音です。

エアーポンプがブクブクと呼ばれる所以でもある酸素が弾ける音。

このブクブク音は日中のリビングなどではあまり気になりませんが、夜の寝室などでは意外と気になる音でもあります。

この音はエアーポンプの流量調整をする事で小さくする事が出来ます。

エアーポンプを選ぶ際には流量調整が出来るものなのかを確認して購入すると良いでしょう。

金魚のブクブクは夜止めても大丈夫?

「今現在使っているエアーポンプの流量調整が出来ない。」

「流量調整をしてもやはりブクブクの音が気になってしまう。」

そんな時にはどうしたら良いのでしょう。

一つの方法として夜間だけブクブクを止めてしまう方法があります。

ブクブクを止めたら金魚が酸欠になってしまうのでは?

そんな疑問も出てくるかもしれませんが、心配はいりません。

夜間のエアレーションを止めてしまう事で問題が起こるような飼育環境は非常に特殊な飼育環境のみです。

と言うのも夜は金魚の活動が鈍るため基本的には酸素の消費量が極端に少なくなります。

よってブクブクを止めても大丈夫なのです。

逆にエアレーションを夜止めない方が良い環境とは

  • 水草水槽のように水槽内に水草が密集している
  • 金魚鉢などに沢山の金魚を飼っている

このような環境ではエアーポンプは作動させておいた方が良いでしょう。

その理由はそれぞれに異なります。

まず、水草が密集した水草水槽では照明が消えている夜間に大量の水草が呼吸のみを行うため、酸素の消費量が多くなってしまいます。

その結果、酸素が不足して酸欠を起こすこともあります。

ただこのような現象は水草がかなりの量ある環境でないと起こらないため、普通に水草を植えてあるくらいの水槽なら心配する必要はありません。

金魚の過密飼育の場合は常に酸素が足りていない状態ですので、飼育方法自体が間違っているとも言えます。

そのような環境はエアーポンプで酸素を補ったとしても水質悪化が早いなどの問題が残るので、飼育数や飼育容器の改善しなければなりません。

金魚のブクブクで静かなものはある?

夜間にブクブクを止めなくても気にならないくらい静かなエアーポンプがあれば、ここまでの問題は解決できるはずです。

先の説明で少し紹介しましたが、ブクブクの中でも静音タイプのエアーポンプを選ぶ事で静かな環境を作ることは可能です。

現在販売されているエアーポンプの中でも静音性能にこだわって作られ、人気があるエアーポンプが次の二つです。

  • ジェックス e‐AIRシリーズ
  • 水作 水心 SSPP-3S

ジェックス e‐AIRシリーズ

サイレント構造を採用し、内部の音を逃がさない特殊密閉構造となっています。

防振脚ゴムにより振動の伝達を最小限に抑えています。

ジェックスの製品比では20%の静音性比と謳われています。

確かに他のエアーポンプに比べると静かですが、特に静音性能を期待して購入したユーザーの中には、少々音が大きいと言うレビューもあるようです。

水作 水心 SSPPシリーズ

静かさと力強さの両立にこだわって開発された国内最高峰のエアポンプです。

水作独自の振動吸収脚ゴムによって周囲へ振動を伝えないことにより大幅に静音化された水心ならではの工夫が凝らされています。

さらに自由にエア量が調節できるダイヤル機構が採用されています。

レビューの中でも静音性に対する高評価が多数見られる商品です。

「とにかく静か」や「期待通り」などと言う評価をよく見かけます。

よって静かさを追求し、価格の面を気にせずに選ぶなら水作 水心 SSPPシリーズがおすすめです。

もちろんジェックス e‐AIRシリーズもAmazonのベストセラーとなり、販売数NO.1と表記しているだけあって人気のあるエアーポンプであることは間違いありません。

金魚のブクブクの騒音まとめ

  • 金魚のブクブクがうるさい原因には3つの原因がある
  • エアーポンプそのものの作動音、エアーポンプが床や壁に伝える振動音、エアーポンプから出る酸素が水中で弾ける音
  • ブクブクは夜のうちだけ止めても大丈夫だが、常に作動させておきたい人には静音性能に特化したエアーポンプがおすすめ
  • エアーポンプの中でも水作 水心 SSPPシリーズとジェックス e‐AIRシリーズは人気が高い

今回は金魚のブクブクの騒音に関する疑問についてご紹介しました。皆様の金魚飼育の参考にして頂けると幸いです。

サイト内検索

-金魚の世話と水質維持
-