金魚の体に白い点 白点病の症状・原因と予防 塩浴とおすすめの薬

金魚の体に白い点 白点病の症状・原因と予防 塩浴とおすすめの薬

金魚の体に白い点 白点病の症状・原因と予防 塩浴とおすすめの薬

金魚の白点病
金魚の白点病

金魚の体やヒレに白いポツポツとした点が見られたら白点病の疑いがあります。白点病は金魚の風邪と言われるほど油断するとかかりやすい病気とされており、水質の悪化と病原虫との因果関係が主な原因とされていますので予防策としてはこまめな水換えにより常に綺麗な水を保つようにしましょう。

金魚の体に白い点 白点病

白点病は金魚だけの病気では無く水槽で飼育される多くの観賞魚にも発症する病気です。

海水魚に発症する白点病とは症状は類似していますが、病原虫も対処方法も違うので区別するために金魚などの淡水で飼育される魚に発症する白点病はイクチオフチリウス症と呼ばれる場合もあります。

白点病の症状

金魚の白点病
金魚の白点病

白点病の初期には体やヒレに白いポツポツとした点が現れます。この状態を放置してしまうと急速に症状は進行してしまい、体全体が白い粘膜に覆われたようになり金魚は衰弱して死んでしまいます。

白いポツポツとした点が見られるのが初期症状と書きましたが、これは飼育者が白点病と認識できる初期状態のことで実はそれより以前にも白点病には症状が現れ始めます。

白点病の原因となる寄生虫ウオノカイセンチュウに寄生された金魚は痒がるように石や底砂などに体を擦り付けたり、小刻みに震えるような動作を繰り返しますのでその様な動作が見られた時は感染している可能性が高いと言えます。

白点病の原因と予防

金魚の白点病
金魚の白点病

白点病の原因となるウオノカイセンチュウの発生メカニズムは未だ不明な点が多いのですが、自然界と違い閉鎖的な環境にある水槽などでは外部から持ち込まれたものが増殖するとされています。

ウオノカイセンチュウは25℃以下の低水温を好むため、ヒーターを使用し、25℃以上に保たれた熱帯魚水槽などではあまり発症しない傾向にあります。

またウオノカイセンチュウは水槽や金魚鉢以外にも屋外の池やスイレン鉢など、どの環境においても存在しますが、そこにいる金魚が必ずしも白点病にかかるわけではありません。

水槽などの閉鎖的な環境下では魚体に集中的に感染することで魚が衰弱あるいは機能障害をきたすため問題となることが多く、広い池や自然界においては集中的に寄生することがほとんどないためウオノカイセンチュウの寄生自体が問題を引き起こすケースは稀なのです。

従って魚の密度が高いほど、また小型の水槽ほど感染のリスクが高くなると言えます。

また金魚を水槽に投入した直後や水温や水質の急激な変化に起因するストレスによって体表の粘膜が荒れているときは特に感染しやすい傾向にありますのでその様な状態にならないように管理することで白点病を予防することもできます。

白点病の治し方 塩浴と薬浴

白点病の治療には殺菌効果のある薬品の投与が効果的でメチレンブルーやマラカイトグリーンなどが知られています。

使用方法としては重症の金魚や死んでしまった金魚を水槽から取り除き底砂をしっかり洗うように水換えを行います。

その後上記薬品を規定量投与し経過を観察しながらこの作業を4、5日間隔で繰り返します。

また薬品の投与以外にも0.5パーセント塩水浴やヒーターによる水温の上昇なども効果が見込めます。

先にも書きましたが、白点病の原因となるウオノカイセンチュウは25℃以下の低水温を好むため、ヒーターを使用し28℃位の水温を保つことでウオノカイセンチュウの活動を鈍らせるのが目的です。

更に水温の上昇は金魚の活性を高める効果も期待できるので病気への抵抗力をつける効果も見込めます。

白点病におすすめの治療薬

マラカイトグリーン

マラカイトグリーン
マラカイトグリーン

マラカイトグリーンは観賞魚の病気の中でよく見られる白点病、尾ぐされ症状、水カビ病に対して効果があります。これら病気は、進行が早く早めの治療が効果的ですので早期発見、早期治療を心がけてください。

本製品は飼育水100Lに対して本品10mLを添加します。よって60cm水槽ですと水量60Lに対して6mL、90cm水槽ですと水量160Lに対して16mLとなります。

メチレンブルー

メチレンブルー
メチレンブルー

メチレンブルーもマラカイトグリーンと同等の扱いができる製品で白点病に効果があります。ただマラカイトグリーンが水草に対しても使用できることに対して、こちらのメチレンブルーは水草に対して使用は避けたほうがいいでしょう。

よって水草を入れていない水槽であればメチレンブルーでも白点病治療が行えます。

グリーンFクリア

グリーンFクリア
グリーンFクリア

グリーンFクリアは飼育水を着色しない白点病治療薬です。本剤を飼育水の中に直接投薬し、病魚を薬浴させてください。本剤100mLを飼育水200Lの中に加えた後、良く混和し病魚を7日間薬浴させます。

水槽における本剤の使用例 
幅X奥行X高さ(mm)/水量/投薬量/添付カップ
450X240X300/30L/15ml/1杯半
600X300X360/60L/30ml/3杯
750X400X450/120L/60ml/6杯
900X450X450/160L/80ml/8杯

どの治療薬もたくさん入れれば良いというものではありませんので用法・用量をしっかり守り、自己責任のうえ使用することをお勧めします。

金魚の病気・体調不良カテゴリの最新記事