金魚の正しい冬眠方法~金魚の飼い方.com

金魚の正しい冬眠方法

   

金魚

金魚の正しい冬眠方法

Home>>金魚の世話>>金魚の正しい冬眠方法

水温と冬眠

屋外の金魚室内の水槽や金魚鉢で金魚の飼育をしているとあまり意識することは少ないかもしれませんが屋外の池や睡蓮鉢などで金魚を飼育している場合には『金魚も気温が低くなると冬眠をする生き物』であることを知っておかなければなりません。

金魚が活発に活動する水温は15℃から28℃くらいで、このくらいの水温の時は餌もよく食べますが水温が10℃以下になるとほとんど活動しなくなり必然的に餌の量も減ってきます。

したがって夏を終え気温が下がり出す季節には気温や水温、金魚の動きなどに注意しながら餌を与えすぎないように注意しましょう。

初めて金魚の冬眠を経験される方には意外かもしれませんが冬眠の準備は9月下旬から10月の上旬には始めるものでこの時期から餌の量の調整や水換えの量の調整を行い通称グリーンウォーターとも呼ばれる青水を維持するような管理を行っていきます。

冬眠に不可欠な青水

屋外の金魚青水とは金魚の糞や餌の食べ残しなどから発生するアンモニアや硝酸、リン酸などを餌として増殖した植物性プランクトンの影響により飼育水が緑色に着色する状態を言い、この青水には 良質なビタミン・タンパク・ミネラル・脂肪酸が豊富で、冬眠中の金魚はこれらを摂取している為、春先まで餌を絶っても生きることが出来るのです。

よって金魚の冬眠時期までにしっかりとした青水を作り、維持できる環境を保つことが金魚の冬眠を成功させるコツでもあるのです。

青水が出来上がったら夏場のような定期的で大掛かりな水換えはしないようにし、青水の濃度を意識しながら青水の管理を行うようにしましょう。

夏場は気温が高くバクテリアを含む全ての生態の活動が活発な為に飼育水は汚れやすいので定期的な水換えが必須ですが、気温が下がり冬眠の準備を始めるような時期には飼育水も汚れにくくなっていますので大掛かりな水換えは必要がなくなるのです。

逆に大掛かりな水換えをしてしまうとせっかく出来上がった青水が薄くなりすぎてしまい、本来の機能を発揮できなくなってしまうこともありますので注意してください。

青水を管理する基準は容器の深さにもよりますが底がぼんやり見えるか見えないか位の濃度を保つようにします。冬になり、日照時間・気温共に落ちてくるとこれまで程青水が濃くなる期間が早くなく、大げさに水換えをしてしまうとせっかく維持してきた青水を絶やすことになってしまうので注意が必要です。



冬眠中の管理

冬眠中は基本的にはそっとしておいてあげることが大事で水換えの必要もなければ餌を与える必要もありません。冬眠中の金魚はエネルギーの消費を最小限に抑える為にじっとしていますので水換えなどで騒ぎ立てると無駄にエネルギーを消費してしまうためいいことではありません。

冬眠中に意識しておきたいことは青水の濃度と水量でしょう。青水は濃くなりすぎると金魚の体表がカビたり充血することがありますので、そのような時は足し水や最小限の部分換水などで対応しましょう。

冬眠と餌の切り替え、餌切り

胃の無い金魚は、周りの水温に消化・吸収の効率を依存しているようなものなので、気温、水温ともに下がる季節には季節にあった餌選びが必要となってきます。

水温が15℃を切るようになったらたんぱく質や脂質の少ない餌に切り替えて消化不良を起こさないようにしましょう。またこの理屈からもわかるように餌やりは1日のうちでも水温が高い日中に行うようにしましょう。

日中と夜間の寒暖差が激しい季節、夕方や夜に餌やりを行うと低水温により消化がうまく機能しないことがあり、金魚が消化不良を起こしてしまいます。

そしてさらに気温が下がり10℃を切るような季節までには餌を与えることをやめる『餌切り』ができているようにしましょう。

冬場の氷と水深の関係

冬場の氷寒い地域では大きな睡蓮鉢や池でも特に冷え込んだ明け方などには全体に氷が張ることがありますが、そのような状態でも氷を張るのは池の表面だけで池の底まで氷点下になり凍りつくことはほとんどありません。

よって池の金魚が凍え死んだり、氷の蓋によって窒息したりすることはありません。むしろ水中では氷の蓋によって水温は一定に保たれ静かな冬を過ごしているはずです。

冬眠中の金魚にとって危険なのは気温の低下によって冷え込む環境よりも人の手によって急激に変えられてしまう環境変化の方で、寒いからといってお湯を入れたり、水が汚れたからといって全換水のような作業をしてしまうとその急激な環境変化に対応できずに体調を崩してしまうことがありますので注意してくだい。

冬はできるだけたくさん水を入れて水深を保ち、注水をとめて水底の環境を安定させると冬眠の環境として快適です。 冬眠状態では金魚のフンなどで水が汚れることも少ないので、 循環ろ過装置なども電源を切っておくといいでしょう。

金魚の冬眠は寒くなる前までに準備を整え、本格的に冷え込んできたら暖かい春が来るまでそっと見守ってあげることが大切なのがご理解いただけましたでしょうか。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 金魚の冬眠・越冬特集
  • 夏の水槽トラブル傾向と対策特集
  • 安心の機能性で確実な水温管理を実現!クーラー&冷却ファン特集




    関連記事

  • 餌の与え方と餌の種類

    屋外の池やスイレン鉢などで飼育している金魚は自然に繁殖した植物性プランクトンや藻などを餌としていますので基本的にはほとんど餌を>>続きを読む

  • 金魚の水槽掃除の仕方

    金魚を飼育していれば金魚の糞や食べ残しなどが水質を悪化させそこに設置してあるろ過フィルターや砂利なども汚れが堆積していきその水>>続きを読む

  • 季節に合わせた金魚の世話

    金魚を屋内の水槽で飼育し、さらにヒーターで水温管理をしているのであればさほど四季の変化に影響を受ける事はありませんが屋外での管理>>続きを読む

  • 屋外飼育での春先の病気予防

    室内の水槽などで金魚を飼育している場合にはさほど気にかけることではありませんが屋外の池やスイレン鉢などで金魚を飼育している場合に>>続きを読む

  • 金魚の繁殖

    水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む

  • 金魚の稚魚の育て方

    金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む

  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法

    金魚のみならずメダカや熱帯魚など多くの小型魚の稚魚の餌として今や定番となっているブラインシュリンプですがブラインシュリンプは>>続きを読む

  • 金魚と水草

    金魚鉢や水槽に金魚が泳ぐ姿は私達に癒しと安らぎを与えてくれるものですが、さらにその空間に緑鮮やかな水草が加わる事で自然観が増し>>続きを読む

    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む