金魚の水槽掃除の仕方~金魚の飼い方.com

金魚の水槽掃除の仕方

   

金魚

金魚の水槽掃除の仕方

Home>>金魚の世話>>金魚の水槽掃除の仕方

金魚水槽汚れ金魚を飼育していれば金魚の糞や食べ残しなどが水質を悪化させそこに設置してあるろ過フィルターや砂利なども汚れが堆積していきその水槽は日に日に汚れていきます。

汚れによる水質の悪化は水を濁らせ観賞価値を低下させるうえ、そのまま放置してしまえば金魚の病気の引き金にさえなってしまうのです。


そんな最悪の状態を招かないように日常管理として水換えを行いますが水換えだけでは除去しきれない汚れに対しては定期的に掃除をしてあげなければなりません。

水槽掃除の仕方

金魚水槽の掃除をはじめるにあたり、まずは水槽内の金魚をバケツなどに一時的に避難させますが、この時に水質の急変を避けるためにも新しい水道水よりも水槽の水を利用する方がいいでしょう。金魚を移動する際には金魚を傷つけないように優しくネットなどで救って移動させましょう。

金魚を移動させたらろ過フィルターやヒーターなどの電源プラグを抜き水槽から取り出します。特にヒーターは種類によっては水から出しても加熱し続けるものもありますので必ず電源プラグを抜いてから取り出すようにしましょう。

ガラス面のコケ取り

設備やアクセサリー類を取り出したらガラス面の掃除に入りますがガラス面の掃除はコケ取りやスポンジを利用して付着したコケを綺麗に落とします。ただガラス面に付着したコケは金魚の餌にもなりますので観賞目的で正面のガラス面のみコケ取りを行い側面や裏側はそのままにしておく方法もあります。

コケ取りが終わったら水換え用のポンプやホースを利用して汚れた飼育水を排水します。

次に水槽内の砂利をガラスが傷つかないように優しく取り出し濯ぎます。ろ過装置内のフィルターなどもこの時に一緒に濯ぎますがこれらの掃除の注意点としては洗剤などは勿論、御法度でさらに水道水にはカルキが含まれておりカルキが濾過バクテリアにダメージを与えてしまうのでこれもまたあまりお勧めできません。よって一番いい方法が先ほど排水した水槽の水をバケツなどに溜めておきその水で砂利やろ過フィルターを濯ぐように洗います。

水槽を元通りにセットし準備しておいた新しい飼育水を入れ、各設備の電源を入れて水をまわし始めます。最後に金魚を水槽に戻して金魚水槽の掃除完了となります。


水槽掃除の周期

金魚水槽の掃除の周期は水槽のサイズやそこに飼育している金魚の数、餌の与える量やろ過能力、さらには季節的要因など様々な事柄が関係してきますので一概には決められません。よってご自身の水槽の状態から掃除の周期を掴めるように日ごろからよく水槽内を観察して汚れ具合を把握できるようにしましょう。

水槽の掃除にも部分的な掃除とリセットのような大掃除がありますが急激な水質の変化を避けるためにも大掃除はできるだけ避け、部分的な掃除をこまめに行い水質を維持することで掃除の周期を伸ばすこともできます。

お役立ち掃除アイテム

金魚水槽の掃除をするうえで便利な掃除アイテムも多数販売されていますので使い勝手のいいものをいくつかご紹介いたします。

コケクロス

掃除ごく普通のクロスやスポンジと違い、コケを吸着する特殊素材で作られているのでガラス面の掃除をしながらコケを水槽外に排出できるので、コケの再発生を予防できます。

コケクロスをamazonで購入
コケクロスを楽天で購入


プロホース

掃除プロホースはグリップ部分のスターターポンプを数回押すだけで簡単に排水がスタートし、水槽内のレイアウトを崩すことなく金魚にも優しい底砂掃除ができる優れものアイテムです。

排水と同時に砂利を拡散させることにより砂利内部に溜まった餌の食べ残しや金魚の排泄物などを吸い出してくれますので水質の悪化を防ぐ効果もあります。

プロホースをamazonで購入
プロホースを楽天で購入


エーハイム 4in1(フォーインワン)

掃除水換えや足水で水道水を水槽に投入するときには必ずカルキ抜きが必要です。カルキ抜きを含め、水質調整剤を買いたいけれど種類が多くてどれを買えば良いか分からないと言う方にはこちらの商品がお勧めです。

エーハイム 4in1は水道水に含まれる魚に有害なカルキを中和。コロイド成分が魚のエラと粘膜を換水時のショックから保護。ポリマー成分が白にごりの原因物質を凝集除去。水道水に含まれる重金属を無害化。魚を健康に育てるビタミンBを含有。などなど金魚にとって有益な水質調整をこれ一本で補ってくれます。

エーハイム 4in1(フォーインワン)をamazonで購入
エーハイム 4in1を楽天で購入


通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水槽お掃除グッズ一挙ご紹介
  • 飼育水の臭い、汚れを吸着!活性炭・吸着ろ材特集
  • 意外と知られていない定期的な交換が必要な消耗品特集!


    前の記事>>餌の与え方と餌の種類
    次の記事>>季節に合わせた金魚の世話


    関連記事

  • 餌の与え方と餌の種類

    屋外の池やスイレン鉢などで飼育している金魚は自然に繁殖した植物性プランクトンや藻などを餌としていますので基本的にはほとんど餌を>>続きを読む

  • 季節に合わせた金魚の世話

    金魚を屋内の水槽で飼育し、さらにヒーターで水温管理をしているのであればさほど四季の変化に影響を受ける事はありませんが屋外での管理>>続きを読む

  • 金魚の正しい冬眠方法

    室内の水槽や金魚鉢で金魚の飼育をしているとあまり意識することは少ないかもしれませんが屋外の池や睡蓮鉢などで金魚を飼育している場合>>続きを読む

  • 屋外飼育での春先の病気予防

    室内の水槽などで金魚を飼育している場合にはさほど気にかけることではありませんが屋外の池やスイレン鉢などで金魚を飼育している場合に>>続きを読む

  • 金魚の繁殖

    水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む

  • 金魚の稚魚の育て方

    金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む

  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法

    金魚のみならずメダカや熱帯魚など多くの小型魚の稚魚の餌として今や定番となっているブラインシュリンプですがブラインシュリンプは>>続きを読む

  • 金魚と水草

    金魚鉢や水槽に金魚が泳ぐ姿は私達に癒しと安らぎを与えてくれるものですが、さらにその空間に緑鮮やかな水草が加わる事で自然観が増し>>続きを読む

    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む