金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

   

金魚

金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

Home>>金魚の世話>>金魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

金魚基本的になんでも食べるようなイメージが強い金魚ですが、そんな金魚がエサを食べない。

もしくは、口にしても吐き出してしまう。何故エサを食べないのか?金魚がエサを食べない理由と吐き出してしまう理由について考えてみましょう。


金魚がエサを食べない理由

まずはエサに対して金魚が反応しないような時について考えられる要因を挙げてみます。

一つ目の要因として、気温(水温)が低い時には、金魚の活性が下がる為、エサをあまり食べようとしません。

水槽や睡蓮鉢の底の方でじっとしている時などは水温を確認してみましょう。

外気温の影響により徐々に水温が下がり、冬を迎えるような時には活動が鈍るためにあまりエサを必要としなくなりますので無理に食べさせる必要もありません。

金魚が活発に泳ぎだすようになったらエサを与えてみましょう。

逆にヒーターなどが設置してあり、常に水温が保たれている場合にはあまり考えにくい現象ですので、そのような時には他の要因を探す必要があります。

一つの例として水質の悪化などが挙げられます。水槽内の水質が悪化してくると金魚は徐々に体調を崩し、エサ喰いが悪くなる事があります。

水面に気泡が残るようになったり、水が白く濁ったりしていないか、水槽の底に糞などが溜まっていないかなどをチェックしてみましょう。

もし、水が汚れているのであれば水替えを行うことで改善されることもあります。

購入してすぐの場合

購入後すぐの金魚などは環境の変化によって怯えていることが多いので、今の環境に馴染むまでそっとしておいてあげましょう。

金魚は数日であればエサを食べなくても全く問題ありませんので、まずは環境に慣れさせてあげ、様子を見ながら少しずつエサを与えて見ましょう。

金魚が環境に慣れてきてもエサを食べない時にはエサの種類を変えてみる方法もあります。

金魚のエサにはフレーク状のものから、アカムシなどの動物性のエサ、植物性のエサなど色々なものがありますので何種類かのエサを試してみるのもいいでしょう。

また、観賞魚用の乾燥エサの中には浮遊性と沈水性のものがありますが、沈水性のエサの場合には金魚に気づかれにくく食べない時もあります。

そのような時には浮遊性のエサに切り替えてみましょう。


最後に、金魚がエサを食べない理由のうち一番避けたい理由が、金魚の病気です。

エサを食べない金魚におかしいところがないかよく観察してみましょう。

泳ぎ方はおかしくないか、ヒレや体表におかしいところはないかなど病気の症状が出ていないかを確認します。

もし、何かしらの病気にかかっていたらエサを食べさせることよりも病気の治療を最優先しましょう。

一つの症状として金魚の糞が白くなることがあります。

これは金魚が消化不良を起こしている合図ですので、エサが古くなっていないか、湿気でカビていないかなどを確認してみましょう。

また、夜になると気温が下がる季節などは夕方や夜にエサを与えると金魚がエサを消化する前に水温が下がってしまい、消化不良を起こす事がありますので餌やりは朝のうちか午前中に行うようにしましょう。

金魚がエサを吐き出す理由

金魚がエサを吐き出す場合には、エサの質や種類に関係があるかもしれません。

今まで食べていた餌と違うエサを与えた場合などは、そのエサに馴染むまで多少時間がかかることがあります。

また、エサの粒が大きいものは一度に飲み込めないので、何度か吐き出すようにして砕いて食べることもあります。

ただ、あまりに大きなエサは食べにくさや消化の悪さなどからお勧めできませんので与える前にすり潰して、細かくしてから与えるようにします。

それでも吐き出すような仕草を見せる時はお腹がいっぱいなのかもしれません。

金魚のお腹が張っているような時は過剰な餌やりの可能性もありますので、与える量や回数を減らしましょう。

常にエサを食べ続けている(消化している)状態だと内臓に負担をかけてしまうのであまり良いことではありません。

また、過剰な餌やりは食べ残しや大量の排泄物によって水を汚しやすくなりますので控えるようにしましょう。

金魚にエサを食べさせるには

今まで述べてきた理由などからある程度はエサを食べさせるための方法は見えてきているとは思いますが、今一度まとめてみましょう。

対策①
気温が低い時期はヒーターで水温を維持し、金魚の活性を高めてあげましょう。

屋外飼育では、季節の変化に従い暖かくなるまでは餌やりを控え、そっとしておきます。

屋外飼育では植物性プランクトンや水生植物があれば、それらを食べながら越冬します。

もし、そのような環境が整っていなく心配な時は室内飼育に切り替えて管理します。

対策②
金魚が落ち着ける環境を維持してあげる。

あまり頻繁にそばで眺めていたりするとなかなか落ち着けませんのでそっとしてあげることが必要です。

また、扉のそばなど頻繁に人が通る場所や物音がする場所なども避けたいところです。

水槽内に金魚の隠れ家となる水草やオブジェクトを入れてあげるのも金魚を落ち着かせる方法の一つです。

対策③
水質の管理。常に綺麗な水を保つことで金魚の体調を万全にしてあげましよう。調子を崩せばエサを食べなくなるのは当然のことです。

対策④
エサの鮮度管理と好みの把握をすることです。新鮮(古くなっていない)エサを常に与えられるようにしておきましょう。

また、色々なエサを与えてみて金魚の好みを把握しておくのも大切なことです。



通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水草担当者が選んだ初心者にお勧めの水草セット
  • 水草セットで簡単!水草レイアウトにチャレンジ!
  • 有茎草の入門種としておすすめ ハイグロフィラ特集


    関連記事

  • 餌の与え方と餌の種類

    屋外の池やスイレン鉢などで飼育している金魚は自然に繁殖した植物性プランクトンや藻などを餌としていますので基本的にはほとんど餌を>>続きを読む


  • 金魚の水槽掃除の仕方

    金魚を飼育していれば金魚の糞や食べ残しなどが水質を悪化させそこに設置してあるろ過フィルターや砂利なども汚れが堆積していきその水>>続きを読む


  • 季節に合わせた金魚の世話

    金魚を屋内の水槽で飼育し、さらにヒーターで水温管理をしているのであればさほど四季の変化に影響を受ける事はありませんが屋外での管理>>続きを読む


  • 金魚の正しい冬眠方法

    室内の水槽や金魚鉢で金魚の飼育をしているとあまり意識することは少ないかもしれませんが屋外の池や睡蓮鉢などで金魚を飼育している場合>>続きを読む


  • 屋外飼育での春先の病気予防

    室内の水槽などで金魚を飼育している場合にはさほど気にかけることではありませんが屋外の池やスイレン鉢などで金魚を飼育している場合に>>続きを読む


  • 夏場の水温管理と正しい水温の下げ方

    日本には四季があり、凍えるような寒い冬もあれば、うだるような暑さの夏もあるものです。そんな過酷な環境の中でも金魚は屋外飼育がで>>続きを読む


  • 金魚の繁殖

    水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む


  • 金魚の稚魚の育て方

    金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む


  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法

    金魚のみならずメダカや熱帯魚など多くの小型魚の稚魚の餌として今や定番となっているブラインシュリンプですがブラインシュリンプは>>続きを読む


    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    よく読まれている記事

  • 酸素不足対策!酸素ポンプ(ブクブク)無しで金魚を飼う方法
  • 通称『ブクブク』酸素ポンプ無しで金魚は飼えるのだろうか?エアレーション以外で酸素不足を解消する方法はないのか?金魚を飼い始める>>続きを読む


  • 金魚は意外と長生き!金魚の寿命と大きさ
  • お祭りの夜店で掬った金魚はあまり長生きしない、寿命が短いと思われる方が多いようですがはたして金魚すくいの金魚は本当に寿命が短い>>続きを読む


  • 金魚の稚魚の育て方
  • 金魚の繁殖は金魚を飼育している人にとって最も感動的な出来事のひとつであり、小さな稚魚を見つけた時の感動は非常に大きなもののはず>>続きを読む


  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む


  • 金魚の繁殖・増やし方
  • 水槽や池などで金魚を飼育していると飼育の醍醐味とも言える一大イベントと言えば繁殖でしょう。金魚の繁殖はさほど難しいものでは無く>>続きを読む


  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • 金魚すくいなどでもよく見られる最も一般的な金魚がこの和金でしょう。金魚の祖先であるフナによく似た細長い体型で体色は赤色や赤白色>>続きを読む


  • 金魚を病気にさせない飼い方 | 金魚を病気から守る4つのポイント
  • 金魚は一度病気にかかってしまうと完治させるのに時間がかかり、さらに病気の初期症状に気がつかずに放置してしまう期間が長いほど、金>>続きを読む


  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む


  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む


  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む



    金魚の知識

  • 金魚のルーツと時代の流れ
  • 金魚の種類と分類
  • 金魚の品種による体の特徴
  • 金魚の寿命と大きさ
  • 金魚に最適な水
  • 金魚に最適な水温と水質
  • 金魚の色抜けと照明の関係
  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法
  • ポンプ無し(ぶくぶく)で金魚を飼う飼い方

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 屋外で金魚を飼う為の池作り
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント
  • 飼育環境で変わる金魚におすすめの濾過フィルターと水流対策

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の病気⁉︎白い膜・カビ・綿・斑点 原因と治療法
  • 金魚の病気⁉︎浮く・沈む・横になる・動かない・曲がる
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 出目金の飼い方 | 初心者が注意すべき水温・エサ・混泳
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • 琉金の飼い方 | 初心者が注意すべき水替え・水温・エサ・混泳
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方
  • 東錦(アズマニシキ)の特徴と飼い方
  • 独特な個性を持つ変わった金魚