金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法~金魚の飼い方.com

金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法

   

金魚

金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法

Home>>金魚の知識>>金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法

金魚すくいお祭りの夜店などで必ず見かける金魚掬いですがこの金魚掬いで金魚を沢山捕まえるコツがあるのをご存知でしょうか。

ちょっとしたコツを知ってるだけで明日からあなたも金魚掬い名人です。


ポイの持ち方

金魚掬いで金魚を掬う紙でできた網のようなものをポイと言います。このポイには持ち方の暗黙のルールがあり、枠を持ってはいけないので枠から指一本分くらい離れた場所を持ちできるだけ短く持つようにしましょう。

次にポイの裏表も重要で紙が貼ってある凹凸のない方を使うようにしましょう。金魚掬い初心者の人は凹みがある方が金魚が落ちにくいと感じるようで裏側を使ってしまう人がいますが、裏だと枠の厚み分、水を多く掬ってしまうので紙に負担がかかりやすくなります。

よって紙の貼ってある表面を使うようにしましょう。

金魚を掬う

ポイを水に入れるときは紙に水の抵抗ががかからないようにポイで水を切るかのように45度を目安に入れます。

金魚を掬う時は水の中でポイを平行に移動して金魚を狙い、45度を保ったまま水面に引き上げていきます。

ポイをずっと水に浸けておくと紙に負担がかかるので狙った金魚のそばまでは水面ギリギリの場所でキープしできるだけ水に浸けている時間を短くしましょう。

狙った金魚が一発で救えない場合は水中で追いかけるのではなくまずはポイを水中から抜いて再度狙いを定めた方がいいです。

最もやってはいけない事がポイで沢山の水をすくってしまうことですので紙の上に水が溜まらないように水の逃げ場を作ることが大切なのです。

ポイを水中からあげる際に水平にあげてしまうとポイの上に水が溜まってしまい紙に負担がかかるので45度をキープしながら上げてくることで水が紙の上から流れ落ちるようにきれていくので紙の負担は小さくなります。


ポイの使い方

ポイの同じ場所で何度も掬ってしまうと一部分に負担が集中してしまいますので掬う場所を毎回変えるようにしましょう。

最初にポイの右側で掬ったら次はポイの左側を使い、次は上側、下側と変えていくことにより金魚を掬える数は飛躍的に増えていきます。

金魚の狙い方

金魚は後ろに泳ぐことが出来ないので金魚の頭の方からポイを入れるようにします。金魚掬い初心者の人は金魚に気付かれないようにと後ろから入れがちになってしまいますがその方法は金魚の逃げ道を確保しているようなものなのです。

どんな金魚を狙うか

金魚掬いの金魚には小赤と呼ばれるフナに似た体型の金魚からデメキンやリュウキンのように丸みを帯びた金魚がいますが基本的にはデメキンやリュウキンのようにずんぐりむっくりした体型の金魚の方が泳ぎがゆっくりなので掬いやすいのです。

どうしてもお気に入りの金魚がいたのならば仕方がないですが特にこだわりがないのであれば泳ぎのゆっくりとした種類の金魚を狙うといいかもしれません。

さらに高度なテクニック

ポイが破れてしまう原因の一つに捕まえようとした金魚が暴れてしまい、金魚の尾びれが紙に強く当たることによるダメージがあります。

そのような問題を回避する為の高等テクニックがあえて金魚の尾びれを枠の外に出しながら掬う尾びれ外しという技があります。

この技をさり気なく使えるようになったら金魚掬いの夜店のおじさんに一目置かれる存在になるかもしれませんね。

前の記事>>金魚の色抜けと照明の関係
次の記事>>ぶくぶく無で金魚を飼う方法


関連記事

  • 金魚のルーツと時代の流れ

    金魚は日本古来より金魚すくいや金魚売りなどと庶民に馴染みの深い、夏の風物詩となっていますので日本原産と思われがちですが実は金魚>>続きを読む

  • 金魚の種類と分類

    あまり知られていないですが金魚には沢山の種類があり原種に近い体型で活発に泳ぐものから優雅な尾鰭を持った金魚やずんぐりむっくりし>>続きを読む

  • 金魚の品種による体の特徴

    ここでは金魚の品種差による体の特徴の違いについて触れてみようと思います。まず初めに金魚のルーツは中国のフナですので長い年月をか>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚に最適な水

    金魚を飼育するうえで必ず必要なものが水ですがこの水=飼育水にはどんな水が向いているのでしょうか。その飼育水を知るにはまず金魚が>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む

  • ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

    通称『ぶくぶく』無しで金魚は飼えるのだろうか?金魚を飼い始めるとそんな疑問を抱くこともあるでしょう。その答えは条件さえ整えれば>>続きを読む

    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の世話

  • 餌の与え方と餌の種類
  • 金魚の水槽掃除の仕方
  • 季節に合わせた金魚の世話
  • 金魚の正しい冬眠方法
  • 金魚の繁殖
  • 金魚の稚魚の育て方
  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法
  • 金魚と水草

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む