金魚に最適な水温と水質~金魚の飼い方.com

金魚に最適な水温と水質

   

金魚

金魚に最適な水温と水質

Home>>金魚の知識>>金魚に最適な水温と水質

金魚金魚にとって水は生きていくためになくてはならないものです。

私たちが回りの環境によって体調を崩したり、病気になったりするように金魚も生活の場である水が適さなければ体調を崩したり、病気になったりしてしまうこともあります。


その為、金魚を飼育する上で必ず押さえておきたい飼育水の知識について話を進めていきましょう。

金魚に最適な水温

金魚はもともと中国産のフナから突然変異と品種改良を重ねて作られてきた観賞魚ですので、フナと同じように日本の環境に順応する適応力を持ち合わせています。

よって冬には氷が張るような低水温から夏の池や沼地と同じような30℃程度の水温まで問題なく適応できます。その為、熱帯魚などと違い基本的には水温の管理をしなくても問題なく飼育することができます。

しかし、最も金魚が活動的になる水温や活動が鈍る水温というものもあり、20℃〜25℃程度が最も活動的になる水温となっています。

逆に10℃以下の低水温や35℃を超えるような高水温ではあまり餌を食べなくなり活動も鈍くなります。

このような水温が長期的に続く期間は少なからず金魚に負担がかかっているもので、体力の消耗が激しかったり、体調を崩しやすい時期とも言えます。

屋外飼育では冬季や夏期にはどうしても避けられないものですのでこのような時期のしっかりとした飼育管理方法を身に着け金魚の体調管理に努めましょう。

室内飼育であれば室温の管理やヒーターの使用である程度水温を管理することはできますのでこまめな水温チェックを行い、金魚の過ごしやすい水温を維持するようにしましょう。


金魚に最適な水質

金魚の多くの品種は比較的幅広い水質に対応できますが、それはあくまでもゆっくりと水質が変化していく場合に限ることで急激な水質の変化には弱い面があります。

特にpHの急激な変化はヒレや体表を痛め、体調を崩す原因にもなります。日本の水道水は中性付近に保たれていますので金魚の飼育には適している水質と言えます。

しかし、水換えを長期間行なっていない飼育水は蓄積された硝酸塩によって水質が弱酸性から酸性付近に偏っているものです。

このような状態から一気に大掛かりな水換えを行なってしまうと飼育水の水質が急激に変化する為金魚にとって大きなストレスとなってしまいます。

そのようなことを防ぐためにも定期的にこまめな水換えを行い、水質の急変を起こさないように心がけましょう。

新しい水と気泡

金魚水道水を水槽などに投入して暫くするとガラス面にたくさんの気泡が張り付くことがよくあります。

これは水道管の中で送水のための高い圧力のもとで水に溶け込んでいた空気が大気圧に戻ったことで溶け込めなくなり気泡になったものです。

一見、新しい水と新鮮な空気が豊富に供給されているので金魚にとって非常に良い状態のように見えがちですが、実はこの気泡は金魚にとってあまりいいものでは無いのです。

この気泡が金魚のヒレや体表に付着するとその部分が肌荒れを起こしたような状態になることがあります。

特に金魚すくいですくってきたような体力を消耗している金魚にとっては大きなダメージになることもありますのでガラス面をこすって気泡を取り除くようにしましょう。

このように水温、水質、水の鮮度、気泡など様々な要素が金魚に負担を与えていることを知っておくことで余計な負担をかけずに済むこともあるのです。

基本的には丈夫と言われている金魚ですが、何も知らずに飼育しているのと細かいことに気を使い飼育するのでは金魚の健康状態や成長度合いもかなり変わってくるものなのです。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水槽お掃除グッズ一挙ご紹介
  • コケの発生速度が半分に!マツモで水質浄化!
  • 特徴と適合水槽サイズからフィルターを選ぶ


    前の記事>>金魚に最適な水
    次の記事>>金魚の色抜けと照明の関係


    関連記事

  • 金魚のルーツと時代の流れ

    金魚は日本古来より金魚すくいや金魚売りなどと庶民に馴染みの深い、夏の風物詩となっていますので日本原産と思われがちですが実は金魚>>続きを読む


  • 金魚の種類と分類

    あまり知られていないですが金魚には沢山の種類があり原種に近い体型で活発に泳ぐものから優雅な尾鰭を持った金魚やずんぐりむっくりし>>続きを読む


  • 金魚の品種による体の特徴

    ここでは金魚の品種差による体の特徴の違いについて触れてみようと思います。まず初めに金魚のルーツは中国のフナですので長い年月をか>>続きを読む


  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む


  • 金魚に最適な水

    金魚を飼育するうえで必ず必要なものが水ですがこの水=飼育水にはどんな水が向いているのでしょうか。その飼育水を知るにはまず金魚が>>続きを読む


  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む


  • 金魚掬いで金魚を沢山捕まえる方法

    お祭りの夜店などで必ず見かける金魚掬いですがこの金魚掬いで金魚を沢山捕まえるコツがあるのをご存知でしょうか。ちょっとしたコツを>>続きを読む


  • ぶくぶく無しで金魚を飼う方法

    通称『ぶくぶく』無しで金魚は飼えるのだろうか?金魚を飼い始めるとそんな疑問を抱くこともあるでしょう。その答えは条件さえ整えれば>>続きを読む


    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | メダカ | 犬の病気 |

  • PR

    金魚の飼い方

  • 金魚を飼うために
  • 金魚飼育で用意しておきたいもの
  • 水槽サイズと金魚の適正数
  • 金魚鉢で金魚を飼う
  • 水槽で金魚を飼う
  • 金魚の選び方
  • 飼育が簡単!初心者でも育てやすい金魚
  • 金魚同士の相性と混泳
  • 金魚のトリートメント

    金魚の世話

  • 餌の与え方と餌の種類
  • 金魚の水槽掃除の仕方
  • 季節に合わせた金魚の世話
  • 金魚の正しい冬眠方法
  • 金魚の繁殖
  • 金魚の稚魚の育て方
  • お手軽簡単に稚魚の餌を与える方法
  • 金魚と水草

    金魚の病気

  • 金魚を病気にさせない予防法
  • 金魚の体に白い点 白点病
  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病
  • 金魚のエラが動かない エラ病
  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病
  • 金魚がひっくり返る 転覆病
  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病
  • 水温を上げる治療法
  • 金魚の塩水浴

    金魚の種類

  • 和金(ワキン)の特徴と飼い方
  • コメットの特徴と飼い方
  • 朱文金(シュブンキン)の特徴と飼い方
  • 出目金(デメキン)の特徴と飼い方
  • 琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • キャリコ琉金(リュウキン)の特徴と飼い方
  • オランダ獅子頭の特徴と飼い方
  • 珍珠鱗(ピンポンパール)の特徴と飼い方
  • 玉サバの特徴と飼い方

    よく読まれている記事

  • 金魚の尾びれがボロボロ 尾腐れ病

    金魚の尾鰭や各鰭が白くボロボロになっていく病気はフレキシバクター・カラムナリス菌の感染により起こるもので、病状の発生箇所により>>続きを読む

  • 金魚の寿命と大きさ

    ペットショップや金魚すくいなどで見かける金魚は大抵数センチ程度ですので金魚と言うとほとんどの方が大きくて手のひらサイズ位と思わ>>続きを読む

  • 金魚の鱗が剥がれる 穴あき病

    穴あき病の初期症状は数枚の鱗が盛り上がるように充血し、さらに病状が進行すると盛り上がっていた鱗は剥がれ肉が露出し穴が空いたよう>>続きを読む

  • 金魚の鱗が逆立つ 松かさ病

    金魚のウロコが徐々に逆立ってきて金魚が松かさのようになる事から松かさ病と言われ別名を立鱗病とも言います。松かさ病は病状が進行す>>続きを読む

  • 金魚の色抜けと照明の関係

    室内の水槽などで金魚を飼育しているとだんだん金魚の色が薄くなってしまう色抜けが起こることがありますがこの症状には幾つかの原因が>>続きを読む